6月30日から、マイナポイント第2弾が始まりました。

第1弾とは異なり、ポイントを得るために費用は必要ありません。

それでも、健康保険証の登録と公的資金の受け取り口座を設定することで、各7,500ポイント、合計1万5,000ポイントを得ることができます。

さらにWAONでは、最大1万5,000ポイントが当たるキャンペーンが開催中です。

つまり最低でも1万5,000ポイント、うまくいけば3万ポイントがもらえるというビッグチャンスです。

マイナポイントの理解しておきたい注意点をおさえつつ、上乗せポイントをゲットする極意を紹介します。

WAONでマイナポイント上乗せキャンペーン

マイナポイント第2弾に参加するには

マイナンバーカードが必須です。

まだお持ちでない方はお早めに、交付通知書が届くには、おおむね1か月ほどかかります。

初めて手続きをされた方は、申し込んだ決済サービスにチャージすると、金額の25%を受け取ることができます。

獲得できる最大ポイントは5,000ポイントですが、現金2万円が必要です。

WAONでの、マイナンバーカード新規取得ポイントの申込みからポイント受け取りまでの流れは、こちらをご参照ください。

ここからが第2弾、健康保険証の登録と公的資金の受け取り口座の設定について詳しくみていきましょう。

1. 健康保険証利用申込み

登録方法は、2つあります。

アプリもしくは、イオンなどの店頭にあるマルチメディアコピー機から行ってください。

アプリを利用する場合

「WAONマイナポイント申込アプリ」と「マイナポイントアプリ」の2つのアプリをダウンロードしてください。

続いて、WAONカードとマイナンバーカード、さらにマイナンバーカードを作った時に決めた数字4桁のパスワードを準備しましょう。

WAONのマイナポイント申込

動作可能OSバージョンは

・ iPhone端末:「iOS Ver13.0」以上 推奨ブラウザ:Safari

・ Android端末:「Android 8.0」以上

Apple PayのWAONは、iPhone8以降の機種かOSバージョンがiOS15以降の場合、登録できます。

お手持ちのスマートフォンがマイナンバーカードに対応しているかどうかは、こちらからご確認ください。

マルチメディアコピー機を利用する場合

店舗に設置されているマルチコピー機であれば、WAONカードとマイナンバーカードをタッチするだけで登録完了です。

ただし、マイナンバーカードのパスワードはマルチメディアコピー機でも必要です。

忘れないように、用意してから出かけましょう。

マルチコピー機でマイナポイント申請

マルチメディアコピー機はイオンのほか、ミニストップ、マックスバリュ、ダイエー、マルナカ、光洋、カスミ、市区町村の窓口や郵便局、コンビニ、携帯ショップにも設置されています。

お近くの場所を検索してください。

利用する前に、理解しておきたいこと

健康保険証を登録することで、得られるポイントは一律7,500ポイントです。

新規取得時のポイントとは異なり、決済サービスのチャージは不要、費用はかかりません

ただし、このポイントは「マイナンバーカードを健康保険証として利用する」ということを承認することで、取得できるものです。

個人の保険証番号などは登録する必要はありませんが、1度申し込みをすると取り消すことはできませんので、十分に理解してから手続きを行いましょう。

2. 公金受取口座の登録

国や自治体が給付する公金を受け取る口座を登録することで、7,500ポイントが取得できます。

WAONでの「決済サービスの登録」とマイナポータルでの「公金受取口座の登録」が必要です。

利用する前に理解しておきたいこと

ご自身で、受け取る銀行口座を登録する必要があります。

登録できる口座は、こちらからご確認ください。

公金受取口座を1度登録しても「公金受取口座申込み」以前に登録を取り消してしまうと、ポイントは付与されませんのでご注意ください。

WAONの登録でさらにチャンス!マイナポイントキャンペーン

マイナポイント登録でWAONポイント当たるチャンス
≪画像元:イオン

2022年6月30日~2022年8月31日まで、マイナポイント第2弾の「健康保険証利用申込」もしくは「公金受取口座登録」をWAONで登録して、5,000円以上WAONを利用すると、抽選で最大1万5,000WAON POINTがもらえます。

【1等】1万5,000ポイント 1,000人

【2等】1,500ポイント 1万人

キャンペーンの注意点

5,000円以上のWAONの利用が必要ですが、受け取ったマイナポイントでの利用も対象となるうえ、イオングループを含む全国のWAON加盟店での利用分は合算されます。

対象となるWAONは、電子マネーWAONを搭載しているすべてのカードで、イオンカード、イオン銀行キャッシュデビット、モバイルWAON、Apple PayのWAONを含みます。

キャンペーンに応募できる口数は以下の通り、設定されています。

WAONマイナポイント応募口数
≪画像元:イオン

キャンペーンそのものには応募は不要ですが、iAEONアプリの応募口数を増やすためには、アプリのキャンペーンページから登録が必要です。

iAEONのアプリ
≪画像元:イオン

また当選発表は、個別に通知されることはありません

2022年10月28日以降を目安に、イオン店頭にあるWAONステーションまたは、イオン銀行ATM、アプリなどからご確認ください。

目指せ!3万ポイント 値上げの夏に役立てよう

最大3万円相当が獲得できるキャンペーンは、最近まれにみる高単価です。

マイナポイントの公金受取口座の登録は、事前に登録しておくことにより、緊急時の給付金等の申請がスムーズにできるというメリットがあります。
注意点をよく把握して、家計に暮らしに役立てましょう。

※掲載した情報は、7月12日現在のものです。(執筆者:吉田 りょう)