格安SIMを検討している方の中で、povo2.0とUQモバイルどちらを契約しようか考えている方はいませんか。

結論から言うと、確実に安く利用したい方はpovo2.0がおすすめです。

UQモバイルはキャンペーンが豊富なので、キャッシュバックや端末の割引を受けたい方におすすめできます。

本記事では、次の内容を解説します。

・ povo2.0とUQモバイルを8項目で比較

・ povo2.0とUQモバイルを比較してわかったおすすめの人

・ povo2.0とUQモバイルのキャンペーン比較

ただpovo2.0とUQモバイルを比較するのではなく、比較した結果とおすすめできる人やお得なキャンペーンまでお伝えします。

povo2.0かUQモバイルどちらを契約しようか悩んでいる方や比較したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

格安SIMあなたに向いているのはどちら

povo2.0とUQモバイルを8項目で徹底比較

povo2.0とUQモバイルを次の8項目で比較し、違いをお伝えします。

どちらと契約しようか悩んでいる方は、確認してみてください。

・ 月額料金
・ 通信速度
・ 割引制度
・ 取扱端末
・ 通話オプション
・ 独自機能
・ サポート体制
・ 支払い方法

1つずつ解説していきます。

1. 月額料金を比較

まずは、povo2.0とUQモバイルの月額料金を比較してお伝えします。

料金を重視している方は、しっかり確認しましょう。

データ容量 料金
povo2.0 1GB(7日間) 390円/回
3GB(30日間) 990円/回
20GB(30日間) 2,700円/回
60GB(90日間) 6,490円/回
150GB(180日間) 12,980円/回
UQモバイル 3GB 1,628円/月
15GB 2,728円/月
25GB 3,828円/月

※全て税込価格です

表のとおり、料金を比較するとpovo2.0の方が安いです。

3GBで比較すると、povo2.0は990円なのに対し、UQモバイルは1,628円もかかります。

大容量でもpovo2.0の方が安いので、月額料金を安く抑えたい方は、povo2.0を契約するべきです。

ただ、povo2.0は自分でデータ容量のトッピングを購入する必要があります

データ容量がなくなったらその都度トッピングを購入する手間がかかるので、注意してください。

 

2. 通信速度を比較

次に、povo2.0とUQモバイルの通信速度を比較します。

「月額料金よりも通信速度の方が大事!」という方は、確認してみてください。

下り平均速度 上り平均速度
povo2.0 96.39Mbps 15.75Mbps
UQモバイル 60.11Mbps 11.1Mbps

※参照:みんなのネット回線速度

両者の通信速度を比較すると、表のとおりpovo2.0の方が速いとわかります。

下りで96Mbpsも出るので、4kの動画視聴や各種SNSも快適です。

povo2.0はauの回線を使って運営されているので、かなり高速ですね。

しかし、UQモバイルも負けていません。

下りで60Mbpsでているので、UQモバイルの通信速度でも4Kの動画視聴や各種SNSは快適に利用できます

通信速度がよくわかりにくい方のために説明すると、YouTubeの1080pは5Mbpsあれば快適に視聴できる速度です。

そのため、povo2.0やUQモバイルの通信速度があれば、ほとんどのことは快適なので、安心してください。

通信速度にこだわりがあり、少しでも速い回線を利用したい方は、povo2.0を契約しましょう

通常時の通信速度ではなく、速度制限後の通信速度も比較すると、次のとおりです。

povo2.0 最大128kbps
UQモバイル くりこしS:最大300kbps

くりこしM:最大1Mbps

くりこしL:最大1Mbps

上記の通り、povo2.0は最大でも128kbpsしか出ませんが、UQモバイルはプランによって最大1Mbpsも出ます。

1MbpsはYouTubeの360pを視聴できる速度なので、想像以上に快適です。

速度制限にかかった時のことを考え、快適に通信したい方はUQモバイルを契約しましょう

3. 割引制度を比較

povo2.0とUQモバイルの割引制度を比較すると、次のとおりです。

割引名 内容
povo2.0 割引制度なし
UQモバイル 自宅セット割 UQモバイルとauでんきやauひかりなどの対象のサービスをセットで契約すると月額最大858円割引
60歳以上通話割 60歳以上の利用者限定で通常月額1,870円のところが月額770円で利用できる
「uqmobile.jp」のメールアドレスのオプション料金である月額220円が無料になる

表のとおり、povo2.0には割引制度がないのでUQモバイルの圧勝です。

UQモバイルの自宅セット割は、次のいずれかのでんきサービスやネット回線と、UQモバイルをセットで契約すると適用できます。

・ auでんき
・ auひかりなどの光回線
・ ケーブルテレビ
・ ホームルーター

光回線やケーブルテレビ、ホームルーターは、対象のものを契約しないと、自宅セット割は適用されません

公式サイトに対象のサービスが記載されているので、確認しておきましょう。

自宅セット割を適用させた後の月額料金は、次のとおりです。

シンプルプランS(3GB) 990円
シンプルプランM(15GB) 2,090円
シンプルプランL(25GB) 2,970円

※全て税込価格です

表のとおり、自宅セット割を適用すると、povoの料金とほとんど差がなくなります

3GBで比較すると、povo2.0とUQモバイルどちらも月額990円です。

ただ、自宅セット割を適用させるには、自宅の電気やネット回線を対象のサービスで契約しないといけないので、人によってはハードルが高く感じます。

すでに自宅セット割の対象の電気やネット回線を契約している方は、自宅セット割を適用すればどちらを契約しても料金はほとんど変わらないので、他の項目を比較して自分に最適な方を契約してみてください。

4. 取扱端末を比較

povo2.0とUQモバイルの取扱端末を比較すると、次のとおりです。

povo2.0 端末の販売なし
UQモバイル ・iPhone 12

・iPhone 11

・iPhone SE(第3世代)

・iPhone SE(第2世代)

・中古品(iPhone)

・Xperia Ace III

・Xperia 10 IV

・Galaxy A53

・Galaxy A21

・AQUOS sense6s

・AQUOS sense6

・AQUOS sense5G

・AQUOS sense3 basic

・OPPO A54 5G

・OPPO Reno7 A

・Redmi Note 10 JE

・AQUOS wish

・arrows We

・BASIO4

※2022年7月時点の内容です

上記の通り、取扱端末もUQモバイルの圧勝です。

povo2.0は端末を販売していません

契約時にキャリアで機種を購入したい方は、UQモバイルを契約するべきです。

povo2.0を契約する際に機種変更したい場合は、Apple直営店や家電量販店などで端末を購入しなくてはなりません。

5. 通話オプションを比較

povo2.0とUQモバイルの通話オプションを比較すると、次のとおりです。

オプション名 月額料金
povo2.0 5分以内の通話かけ放題 550円
かけ放題 1,650円
UQモバイル 月60分までかけ放題 550円
10分以内の通話かけ放題 770円
かけ放題 1,870円

※全て税込価格です

表のとおり、かけ放題のオプション内容がそれぞれで異なります。

どちらも完全かけ放題のオプションはありますが、UQモバイルには月60分までかけ放題という特徴的なオプションがあります。

完全かけ放題に加入したい方は、povo2.0が安いのでおすすめです。

短い通話を頻繁にする方は通話時間に合わせて、povo2.0の5分以内の通話かけ放題・UQモバイルの10分以内の通話かけ放題、月60分までのかけ放題から選んでみてください。

6. 独自機能を比較

povo2.0とUQモバイルの独自機能を比較すると、次のとおりです。

独自機能 内容
povo2.0 トッピング 自分の好きな分だけデータ容量やコンテンツをトッピングできる
UQモバイル 節約モード 最大1Mbpsに制限されるもののデータ容量を消費しない

povo2.0は、トッピングという独自機能が利用できます。

データ容量やコンテンツを好きな分だけトッピングして、自分好みのプランを作れるのがメリットです。

データ容量が多すぎて、使いきれずに消滅してしまうこともありません。

UQモバイルには、節約モードという独自機能が搭載されています。

節約モードで通信すると、通信速度が最大1Mbpsに制限されるものの、データ容量を消費しません。

「データ容量を消費する予定があるからその日までは節約したい!」という場合などにかなり便利な機能です。

自分に合う独自機能がある回線を契約してみてください。

比較してみよう

7. サポート体制を比較

povo2.0とUQモバイルのサポート体制を比較すると、次のとおりです。

povo2.0 全てオンラインのみ
UQモバイル ・店舗

・オンライン

・電話

上記の通り、povo2.0は契約や問い合わせなど、全てのサポートをオンラインでしか受け付けていません。

その反面、UQモバイルは店舗やオンライン、電話で受け付けているので、何か困った時に相談しやすいです。

サポート体制についてそこまで気にならない方はいいですが、サポートセンターのスタッフや店舗のスタッフと対面で相談したい方などは、UQモバイルを契約しましょう。

8. 支払い方法を比較

povo2.0とUQモバイルの支払い方法を比較すると、次のとおりです。

povo2.0 クレジットカード
UQモバイル ・口座振替

・クレジットカード支払い

上記の通り、povo2.0はクレジットカードでしか支払いできません

しかし、UQモバイルは口座振替でも契約できます。

クレジットカードで契約するつもりの方はどちらでも大丈夫です。

しかし、何らかの理由で支払いにクレジットカードを使いたくない方や、クレジットカードを所有していない方などは、UQモバイルを契約しましょう。

povo2.0とUQモバイルを比較してわかったおすすめの人

ここまで、povo2.0とUQモバイルの特徴を比較してきましたが、どちらが自分に最適な回線なのかわからない方も多いですよね。

そんな方に向けて、povo2.0とUQモバイルのおすすめの人を紹介するので、是非参考にしてください。

povo2.0がおすすめななのはこんな人

povo2.0がおすすめな人

・ 自分に最適なプランを契約したい人

・ 通信速度が速い回線を使いたい人

・ かけ放題を利用する人

・ 月のデータ使用量が3GB以下の人

 

povo2.0は、上記のような人に向いています。

povo2.0の最大の特徴は、トッピング機能です。

自分に最適なデータ容量のトッピングを購入できるので、無駄がありません。

また、UQモバイルと比較しても、完全かけ放題のオプション料金が安いです。

仕事の都合などで電話番号を使った通話を頻繁にする方などは、povo2.0のかけ放題を利用しましょう。

UQモバイルがおすすめなのはこんな人

UQモバイルがおすすめな人

・ 自宅セット割が適用できる人

・ 豊富な通話オプションから選びたい人

・ 口座振替で契約したい人

・ 店舗でのサポートを受けたい人

・ キャンペーンでお得に契約したい人

 

UQモバイルは、自宅セット割を適用しないと、povo2.0より料金がかなり高いです。

しかし、自宅セット割を適用すればほとんど同じ料金で利用できるので、自宅セット割が適用できる方におすすめできます。

また、支払い方法に口座振替が利用できるのも大きな特徴です。

多くの格安SIMはクレジットカードのみの場合が多いので、口座振替で契約したい方にぴったりではないでしょうか。

他の格安SIMと比較すると、実店舗があるのも特徴的です。

全国に実店舗があるので、機械が苦手な方や困ったときにスタッフに相談したい方などは、UQモバイルを選んでみてください。

povo2.0とUQモバイルのお得に契約できるキャンペーンを比較

povo2.0やUQモバイルを契約するなら、できるだけお得に契約したいものです。

そこでここでは、povo2.0とUQモバイルのキャンペーンをお伝えします。

キャンペーンを使ってお得に契約したい方は、ぜひ活用してみてください。

povo2.0のキャンペーン

povo2.0では「FIND povo」というキャンペーンを開催しています。

FIND povoは、対象のサービスを見つけてQRコードを読み込むと、抽選でデータボーナスが当たるキャンペーンです。

対象のサービスの一例は、次のとおりです。

アイカサ 傘のシェアリングサービス
mocha モバイルバッテリーのシェアリングサービス

上記のサービスを利用した際に、QRコードを読み込むと、データボーナスが抽選でもらえます。もらえるデータボーナスは、300MBかデータ使い放題です。

料金が安くなるなどのキャンペーンではありませんが、気になる方は利用してみてください。

UQモバイルのキャンペーン

povo2.0には、月額料金の割引などのキャンペーンはありませんでしたが、UQモバイルには豊富なキャンペーンがそろっています。

内容
UQモバイルオンランショップ限定キャンペーン(SIMのりかえ特典) UQモバイルのオンラインショップでSIM単体で契約+増量オプションⅡに加入すると、最大10,000円相当のau PAY残高を還元。eSIMで契約すると3,000円相当増額。
UQモバイルオンラインショップ限定キャンペーン(iPhone 12、iPhone 12mini 新規契約特典) UQモバイルのオンラインショップで対象のiPhone端末を購入すると最大5,000円相当のau PAY残高を還元。
UQモバイルオンラインショップ限定キャンペーン(Android対象機種 新規契約特典) UQモバイルのオンラインショップで対象のAndroid端末を購入すると最大5,000円相当のau PAY残高を還元。
増量オプションⅡ 13ヶ月間料金そのままで、データ容量を最大5GB増量。
OPPO Reno7 A 購入キャンペーン 2022年7月31日までにOPPO Reno7 Aを購入・応募すると、au PAYギフトカード3,000円相当プレゼント。
YouTube Premiumのご紹介 UQモバイルからYouTube Premiumに加入すると3ヶ月無料。

表のとおり、povo2.0よりもキャンペーンが豊富です。

sIm単体での契約限定ではありますが、au PAYが最大1万3,000円も還元されるキャンペーンを実施しています。

au PAYをよく使う方にとっては、かなり嬉しいキャンペーンです。

また、UQモバイルはpovo2.0とは違い、端末を販売しています。

対象の端末を購入するとau PAY残高が還元されるキャンペーンも実施しているので、機種変更を考えている方は活用してみてください。

誰でも安く利用できるのはpovo2.0!キャンペーン利用はUQモバイルがおすすめ

今回は、povo2.0とUQモバイルを8項目で比較し、それぞれにおすすめの人をお伝えしてきました。

どちらにも特徴があるので、違いを理解して自身に合う回線を契約する必要があります。

povo2.0とUQモバイルを比較した結果からわかった、それぞれにおすすめの人は次のとおりです。

povo2.0 ・自分に最適なプランを契約したい人

・通信速度が速い回線を使いたい人

・かけ放題を利用する人

・月のデータ使用量が3GB以下の人

UQモバイル ・自宅セット割が適用できる人

・豊富な通話オプションから選びたい人

・口座振替で契約したい人

・店舗でのサポートを受けたい人

・キャンペーンでお得に契約したい人

結論、povo2.0は誰でも安く高品質な回線を契約できるので、多くの方におすすめできます。

逆にUQモバイルは、自宅セット割を適用できないと安く利用できないので、自宅セット割を適用できない人にはおすすめできません。

UQモバイルはキャンペーンが豊富なので、au PAYのキャッシュバックをもらいたい方や、端末を少しでも安く購入したい方などにおすすめです。

自身に合う回線がどちらか考えてみてください。(執筆者:吉野 光祐)