楽天市場のイベントでも大型イベントである「楽天スーパーセール」。

年に4回開催されるこのセールでアフィリエイトに参戦するとどれくらい稼げるのか。

筆者のアカウントの成果をちょろっと見せます。

楽天スーパーセールで どれだけ売れたか?

楽天スーパーセール、過去一番の売上

周りのアフィリエイターさんなどから意見を伺うと「今回の楽天スーパーセールは過去1売れた!」と言う人がたくさんいました。

私もその中の一人で、過去1の売上を上げることができました。

今回大きく意識した点は、いかに売上に絡むツイートを効果的な時間に行えるか、です。

筆者の6月楽天スーパーセール、売上を公開!

期間別成果報酬

売上は50万円以上、成果報酬は2万円弱という結果でした。

売れた商品はコスメが最も多く、やはり楽天スーパーセールに合わせて半額イベントなどを行っていたからだと考察できます。

売上につながるリンクはTwitterからが9割

楽天アフィリエイトとTwitterのインプレッションを見ると、楽天スーパーセールに向けて準備したツイートからの流入が多かったと読み取れます。

ツイートアナリティクスツイートからの流入

こちらが楽天スーパーセールに合わせたツイートの詳細です。

文章はお見せすることはできませんが、

ツイートが多くの人に見られて、そのうち1,600人以上がリンクをクリックして楽天に訪れていることがわかります。

ツイートから1日半の間に70件以上売れています

実際に筆者の売上もこのリンクから派生したものが多く、ツイートから1日半の間に70件以上売れています。

Twitterでも楽天スーパーセールはトレンドになるほど高い関心を集めています。

楽天内のショップも期間中にほぼ毎日半額セールや数量限定特価イベントを行っていて、情報収集をする人が非常に多いのだと実感しました。

実は楽天スーパーセールとTwitterの掛け合わせを行うのは2回目です。

前回、2022年3月の楽天スーパーセールでも同じようにTwitterで準備をして売上が大幅にアップしました。

情報を求めている人たちに届くツイートをして、たくさんの人にリツイートされることによって、アフィリエイトリンクが大きく拡散され、結果売上に繋がりました。

どのようにTwitterで準備するのか

前日、夜の21時ごろに楽天スーパーセール半額商品や数量限定商品を、トレンド入りしそうな楽天スーパーセールに関係あるハッシュタグをつけてツイートします。

前日夜21時にツイートするのには理由があり

 

・ 楽天市場のリンクのCookie(リンクを踏んだ後の有効期限)が24時間である

・ ツイートがたくさんの人に拡散されて、トレンド入りして伸びるまで数時間かかる

 

という二つの点から、前日21時ごろに準備を開始するのが良いと判断しました。

とくに初日の数時間は目玉イベントが多く、初日のイベントに絡めたツイートはCookieの有効期限が切れるまでの間に目玉イベントが開催されるように逆算しました。

楽天スーパーセール期間の活動量はどれくらいなのか

先日の準備期間から含めて、6/3〜6/10日までのツイート数は全部で17個でした。

1日に2〜3ツイートしている計算になります。

商品を探し、リンクや文章を作ったりするので1つのツイートにかかる時間は15分程度。

15分×17ツイート=255分が作業時間になります。

もちろん常にアンテナを張って、売れそうなものやショップのメルマガ購読などリサーチをしているので255分だけが活動時間の全てではありません。

しかし、スマホを中心としてスキマ時間を使ってツイートしながら約二万円の収入になるのは喜びもやりがいも大きいと感じました。

楽天スーパーセールはまだまだアフィリエイトで稼げる余地あり!

楽天スーパーセールはTwitterとうまく組み合わせることで稼げる余地は充分にあります

日ごろから楽天市場を眺めている、流行りの商品をリサーチするのが好き、という人ほど楽しく続けることが出来そうだと感じます。

続けるには少し根気が必要ですが、頑張ればしっかりとした収入につながりそうなTwitter×楽天スーパーセールのアフィリエイト。

楽天はアフィリエイトとしても参入しやすいので興味がある人は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。(執筆者:松田 潔子)