みんな大好き丸亀製麺では、7月26日から「こく旨 豚しゃぶ 冷ぶっかけ」が発売されています。

夏バテも乗り越えられそうな新作を味わってきたほか、新しく発売されている商品も実食。

丸亀製麺大好きな筆者が、お得な利用法も紹介します。

※値段はすべて税込表記です。

夏の 新作

夏の新作2品

丸亀製麺の、夏の新作うどんを食べてきました。

こく旨 豚しゃぶ 冷ぶっかけ

こく旨 豚しゃぶ 冷ぶっかけ

≪執筆者撮影≫

こく旨 豚しゃぶ 冷ぶっかけ:並690円

※一部店舗では販売していないため、販売店舗を確認してください。

やわらかい豚しゃぶにマヨネーズ。水菜やたまねぎで彩り、レモンも添えられています。

目玉商品

≪執筆者撮影≫

店頭にも大きな看板があり、目玉商品だということがわかります。

味は醤油のつゆ

≪執筆者撮影≫

味は醤油のつゆ。

レモンを絞って食べてみると、醤油ベースのめんつゆ、レモンのさっぱり感、マヨネーズのこってり感が相性よし。

特に、マヨネーズと水菜、玉ねぎを合わせて食べると野菜もたくさん食べられそうでした。

また、玉ねぎの苦味やえぐみがなく、野菜もあっという間に完食。

レモンのさっぱり×めんつゆの濃さ×マヨネーズのこってり感が絶妙です。

マヨネーズ×うどん

≪執筆者撮影≫

丸亀製麺の打ち立てのコシのある麺によく合います。

マヨネーズ×うどんは、珍しい組み合わせですが、かなり高相性。

男性も満足できそうなボリュームあるメニューでした。

すだちおろし冷かけ 冷

すだちおろし冷かけ 冷

≪執筆者撮影≫

すだちおろし冷かけ 冷:並470円

※一部店舗では販売していないため、販売店舗を確認してください。

こちらも7月26日に発売の「すだちおろし冷かけ」。

徳島県産すだち

≪執筆者撮影≫

入っているのは徳島県産すだち。まるごと1個が1/2になって入っていて、なかなか豪華です。

 

特筆すべきは「冷たいかけだし」。

優しいおだしの味は、飲み干したくなるほど。

夏に疲れた胃調にも合いそうでした。

お出汁もおいしい

≪執筆者撮影≫

麺も輝いています。スープのやさしい味、大根おろしと、コシのあるうどんの組み合わせがたまりません。

食欲がそんなにない時でも、このおだしなら飲み干せそうな気がします。

豚しゃぶおろしうどん弁当

豚しゃぶおろしうどん弁当

≪執筆者撮影≫

豚しゃぶおろしうどん弁当:640円

※テイクアウトのみ

豚しゃぶおろしうどん弁当、テイクアウトは640円。実は、「こく旨 豚しゃぶ 冷ぶっかけ」のテイクアウトもあります。

そちらは690円+容器代30円です。

「豚しゃぶおろしうどん弁当」は640円なので、若干安いです。

中身

≪執筆者撮影≫

  • 豚しゃぶ
  • 大根おろし
  • ちくわ磯辺天
  • 野菜バラ天
  • きんぴらごぼう
  • 玉子焼き
  • ぶっかけ冷

豪華

≪執筆者撮影≫

「こく旨 豚しゃぶ 冷ぶっかけ」と比較すると、甘酢たまねぎ、水菜、レモン、マヨネーズはありません

テイクアウトならアレンジ可能

≪執筆者撮影≫

マヨネーズ好きな方は、自分でトッピングしてみることもおすすめです。

100円ほどで売っているチューブタイプの「きざみレモン」や「きざみゆず」を用意すれば、お店の味に近くなります。

ほか、柚子こしょう、七味など好みの調味料を用意して自宅ならではの「味変」をしてもおいしそうです。

いわし天うどん弁当

いわし天うどん弁当

≪執筆者撮影≫

いわし天うどん弁当:490円 ※テイクアウトのみ

いわし天が乗った「いわし天うどん弁当」も新作。

サイズ感

≪執筆者撮影≫

気になるのは、いわし天の大きさですが、割と大きく筆記用具と比べるとこのくらい。ふっくらとした身の、いわし天が入っていました。

中身

≪執筆者撮影≫

  • いわし天、
  • ちくわ磯辺天
  • 野菜バラ天
  • きんぴらごぼう
  • 玉子焼き
  • 打ち立てうどんぶっかけ冷(筆者が訪れた店舗では、うどんは「温」も選べました)

いわしのボリュームもあり、ちくわ磯辺天、野菜バラ天など天ぷらを食べるだけでも大人もお腹いっぱい。

しっかり満腹になるうどん弁当です。これだけ入って500円弱で食べられるとは、高コスパだと思います。

満腹満足な高コスパ

≪執筆者撮影≫

アレンジレシピとして提案したいのは、めんつゆを2つに分けて、一方にはオクラの輪切りを入れ、一方にはごまドレッシングを入れて、つけ麺のように食べる方法です。

家にある材料を使い、めんつゆに、わさびやすりごまを入れるほか、キムチやドレッシングを入れてみると味のバリエーションが広がります。

テイクアウトだと、いろいろとアレンジを楽しめます。

お得に食べるコツ 基本の「き」

丸亀製麺でお得に食べるコツがあります。

1. アプリクーポンを使う

アプリクーポンを使う

≪執筆者撮影≫

丸亀製麺によく行くなら、アプリをインストールしてクーポンを獲得してみてください。

新製品の発売に合わせてクーポンが発券されているほか、レシートの「スキャン」で天ぷらトッピングの割引券や無料券がもらえます。

クーポンには有効期限があり、1会計、1人あたり1クーポンのみ使えます。

限定クーポンはさらにお得

≪執筆者撮影≫

7月26日から使えるクーポンとして、「こく旨豚しゃぶまたは鬼おろし肉ぶっかけが50円引きに」なるお得なクーポンが配信されていました。

7月26日~7月31日の期間限定クーポンです。

気になるクーポンがあるなら、有効期限までに使用しましょう。

2. アプリスタンプで10個たまると「かしわ天」もらえる

アプリスタンプで10個たまると「かしわ天」もらえる

≪執筆者撮影≫

丸亀製麺アプリでは、来店スタンプをためることもできます。

  • アプリクーポンを利用した時
  • レシートQRコードを読み込んだ時

来店頻度が高いほどスタンプがたまります。スタンプが10個たまると、「かしわ天」がもらえます。クーポンは「クーポンと交換する」をタップした後、約1か月の有効期限です。

「釜揚げうどんの日」にも使え、「うどん札」とも併用できます。

3. 毎月1日は「釜揚げうどんの日」 8月1日も開催決定!

釜揚げうどんの日

≪画像元:株式会社丸亀製麺

丸亀製麺では、毎月1日は「釜揚げうどんの日」。

  • 並290円→140円
  • 大410円→200円
  • 得530円→260円

8月1日も開催が決定した「釜揚げうどんの日」。この日は釜揚げうどんが半額なので、節約するなら「釜揚げうどん一択」。

アプリクーポンでトッピングや天ぷら割引できるなら、追加注文してもいいかもしれません。1日限りのお得な日を狙ってみましょう。

庶民の味方「丸亀製麺」で夏バテ知らずで過ごそう

このほか、dポイントカード提示でのポイント加算や、うどん札を使ってのトッピング無料もできます。

筆者は、毎月1日の「釜揚げうどんの日」に行き節約するほか、新作も食べに行くと、知らない間にうどん札がたまっています。

コシのある打ち立てうどんが安く食べられるほか、アプリクーポンなどもあり、行くごとにお得だと思える丸亀製麺。夏にぴったりな新作にも注目です。(執筆者:谷口 久美子)