副業とも相性のいいYouTubeチャンネル運営は、実は「顔出しなし」でも稼ぐことが可能です。

とはいえ具体的にどうすればいいのか、わからない部分も多いですよね。

「YouTube副業をやってみたい!」

「どんな風に始めればいいの?収入例も教えてほしい」

YouTubeでの副業を考えた際、上記のような疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、「YouTubeチャンネルを顔出しなしで稼ぐ方法」についてまとめました。

初めて副業にチャレンジする方でも、どうすればいいのか概要が分かりますよ。ぜひ参考にしてください。

YouTubeチャンネルを外注で運営「顔出しなし」でもOK

YouTubeチャンネルを副業で運営するなら外注化が鍵!収入例も紹介

日々忙しいサラリーマンにとって、副業に当てる時間を作るのは至難の業ですよね。

しかもしっかりと取り組まないと、まず稼げません。そんな方にとって、YouTubeの外注化は非常に相性が良いです。

現在でも正しくジャンルを選定できれば、本業を超える収入も得られますよ。

YouTubeチャンネルを外注化するメリット

YouTubeチャンネルを外注化して運用すると、圧倒的に時間が作れます。

もちろん外注さんとやり取りする手間は発生するものの、基本的には編集・撮影も一切しなくなるでしょう。

筆者は最後に自分で作品チェック・アップロードを行っていますが、この工程もうまく自動化することが可能です。

つまり忙しいサラリーマンにとって、外注化ができればどんどん稼いでいける仕組みが作れます

外注化しても稼げなきゃ意味がないのでは?

確かに外注化しても、稼げなくては意味がありません。

しかしある程度の軍資金があれば、初月から収入を生み出すことができます。

まず考え方としては、YouTube市場は非常に大きいという点です。

少しずつYouTuberの再生数が落ちている」という話題は聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

しかし再生数が落ちているのは、あくまで中堅YouTuber以下の話です。

筆者の体感ですが、個人が副業として稼げるレベルはあまり難易度が高くありません。

月収20万もあれば、副業としてはかなりおいしいですよね。

YouTubeで外注化するなら、そのぐらいの再生回数は割と出しやすい感覚があります。

副業としてのYouTube運営は難易度は高くない

鍵となるのはジャンル選定

YouTubeチャンネルを運営する上で、非常に大切なのは「ジャンル選定」です。

特に重要視したいポイントは下記の2つとなります。

1. 顔出しなし

2. ジャンルの規模が大きい

基本的に顔出しはしたほうが良いと言われているものの、マストではありません。

実際筆者の外注チャンネルは、顔出しなしでも月収20〜30万をキープしています。

このポイントを理解すれば撮影の手間がなくなり、外注さんだけで動画が作れるようになるでしょう。

またジャンルの規模が大きければ、トップを取れなくても再生回数が異様に回ります

特別なことや差別化をする必要がなく、安定して数字を取れるのでおすすめです。

実際どうやって運営をしていくの?

まずジャンルを決めましょう。規模が大きく、顔出しをしなくても良いおすすめジャンルは下記の6つです。

1. ASMR

2. ビジネス

3. アニメや漫画の考察

4. 漫画動画

5. 雑学系

6. 料理系

ある程度知識がある方は編集をしなくても良いですが、もし全くの未経験でしたら1度動画を作ってみるのがおすすめです。

もし自分が好きなジャンルで、上記のジャンルがヒットすればじっくり観察してみてください。

一切人が出ておらず、外注さんだけで回せそうなチャンネルがあれば徹底的にまねしてみましょう。

例えばアニメ・考察系であれば、

(1) 自分の好きなアニメや漫画の考察ができる方をクラウドソーシングサイトで探す

(2) 台本を記事として依頼するのもOK

(3) その台本をもとに、YouTube動画を制作してくれる方に依頼する

このような形で工程を細かく分けて、どんどん動画を作っていきましょう。

筆者は最後のポイントだけ関わりたいので、最終チェックとアップロードだけ自分でやっています。

実際の収入例はどのくらいになりそう?

筆者の運営しているASMRチャンネルは、週に2本が限界となっています。

理由は動画の尺を長く取っているため、上がってくるのに時間がかかってしまうからです。

しかしでき上がった動画を投稿すれば、確実に1〜2万の収益となります。

積み上げていくことで、該当チャンネル単体で月に20〜30万の収益が実現できているところです。(おそらくまだ上がるかと思います)

さらに外注を行うと、自分の時間が作られるのは大きいです。

ほかのチャンネル運営にも手を出せるため、どんどん大きくしていけます。

YouTubeチャンネルの外注化を行う上での注意点

筆者がYouTubeチャンネルを外注化する上で感じる注意点は、「最初は投資金額がかかる」点です。

ゼロから外注化を始める場合、台本作成と動画制作の2つに資金を投下しなくてはなりません

例えば月に1万円ほど使えるなら、1本投稿するのは問題ないでしょう。

しかし月に1本ですと投稿頻度が遅すぎて、投資資金の回収まで時間がかかりすぎてしまいます。

※筆者は自分で運営を始め、収益が出てから外注化を進めていきました。

すぐにでも資金無しで稼ぎたい!と思う場合、YouTubeを自分で運営するか、ほかの副業に挑戦しながら軍資金を貯めるのが良いでしょう。

YouTube運営を外注化して稼ごう

YouTubeチャンネルの運営は外注化でどんどん稼いでいける!

筆者はこの先もYouTubeチャンネルを増やしていき、自分のリソースが足りなくなったら総括できる方を作ろうと考えています。

ただし現状ではかなり負担が少ないため、しばらくは1人でも大丈夫という感じです。

とくに顔出しなしで進められるジャンルは、撮影の手間が無いので非常に効率よく運営していけます。

気になる方は好きなジャンルの動画をまねるところから、ゆっくりと始めてみても良いかもしれません。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)