2022年夏を迎えても、値上げラッシュの終わりが見えません。

値上げ・コロナ禍・夏休みのトリプルパンチで家計も厳しい中、業務スーパーでは8月も恒例の「月間特売」を開催しています。

特売品を上手に使って、かさむ食費を少しでも抑えていきましょう。

※記事内の表記価格はすべて税込です

月間特売品

8月の月間特売チラシを確認

南関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)

南関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)

≪画像元:神戸物産

近畿(大阪・京都・兵庫・滋賀・和歌山・奈良)※淡路島を除く

近畿(大阪・京都・兵庫※淡路島除く・滋賀・和歌山・奈良)九州(福岡・大分・熊本・長崎・佐賀・宮崎※鹿児島・沖縄除く)

≪画像元:神戸物産

業務スーパー公式HPをチェックしたところ、「南関東」「近畿」の月間特売チラシを掲載していました。

月間特売品の数は、南関東は25品、近畿では22品とまずまずのラインナップです。

8月の月間特売品の中から、夏に役立ちそうな商品を5品ピックアップしました。

1. 【南関東・近畿】野菜と果物が溶け込んだカレー(200g×5P):税込289円

業務スーパーはレトルトカレーの種類が豊富ですが、8月は「野菜と果物が溶け込んだカレー」が特売です。

商品名通り、オニオンソテーやトマトといった野菜に加えて、りんご果汁にマンゴーとピーチピューレも加えた、フルーティーな味わいに仕上がっています。

神戸物産オリジナル商品だと「おとなの大盛カレー」も人気ですが、こちらは辛味がさらに抑えており、小さいお子さんでも食べやすい甘めのテイストです。

具が入っていないので、お好みで野菜や揚げ物をトッピングしたり、ドリア風にアレンジしたりするのもおすすめ。

2.【南関東】業務カレー(甘口・中辛・辛口):税込116円

夏は、簡単に作れて野菜もとれるカレーが定番ですよね。

レトルトカレーに続いて、カレールーも1箱116円の特売価格で販売しています。

他メーカーの商品価格と比べると、ほぼ半額です。

3.【南関東】神戸居留地 オリジナルブレンドコーヒー(2L):税込145円

夏にアイスコーヒーの消費量が増える方必見。

8月は、微糖と無糖ともに「神戸居留地のブレンドコーヒー」が特価です。

筆者も毎日アイスコーヒーを飲んでいますが、2Lボトルで145円のアイスコーヒーってなかなかありません。

アイスコーヒー代がかさむ夏、特売のコーヒーに乗り換えて出費を浮かしましょう。

4.【近畿】レディボーデン(470ml):税込321円

ちょっとお高めの贅沢アイス「レディボーデン」も、税込321円と買いやすい値段です。

バニラ・チョコレート・ストロベリー・グリーンティー4種すべて、特価で販売します。

ちなみに、南関東の業務スーパーでも月間特売にレディボーデンが入っていますが、価格は税込354円と少し高いです。

5.【近畿】アサヒ飲料 カルピスLパック(1,000ml):税込591円

甘くてさっぱり飲めるカルピスは、昔から夏の定番として愛されています。

近畿地方の業務スーパーでは、1,000mlボトルのお徳用が特価に。

通常ボトルだとすぐになくなるご家庭は、普通サイズの2倍以上あるLパックはうれしいですね。

ちなみに、カルピスはかき氷のシロップ代わりにかけても◎

店舗ごとの「爆弾価格」POP付き商品もチェック

爆弾価格

≪画像元:神戸物産

業務スーパーでは、月間特売のほかに「爆弾価格」のPOPがついた商品も並んでいます。

実はこれ、月間特売品の印です。

月間特売品はチラシに掲載している品物のほかに、店舗ごとの特売品も取り揃えています。

そういった店舗限定の特売品は、この「爆弾価格」のPOPで確認できます。

店内をまわる時は、ぜひこの赤いPOPにも注目しながら、買い物をしてみてください。(執筆者:三木 千奈)