食べ盛りの子供たちがいると、業務スーパーの安くて大容量な商品は長期休みに一番の恩恵を感じます。

今回は「手間なし、安い、たくさん入っている」ものをスイーツやお惣菜といった分野別で紹介します。

すぐに食べられるお惣菜

今話題の湯煎調理ですぐに食べられるお惣菜!

冷凍食品のイメージが強い業務スーパーですが、実は最近人気になっているのがチルド食品。

湯煎で簡単に調理することができて、いつもと違うメニューが食べられる!と口コミでジワジワと広がってきています。

今回購入したのはこちら。

すぐに食べられるお惣菜

 

≪筆者撮影≫

照り焼きハンバーグ 321円(税込)

5個入りのハンバーグです。甘口の照り焼き味。

ハンバーグ自体は食べ応えのあるボリューム感、とまでは行かないですが、5個入りでこのお値段は安いと思います。

チキンのトマト煮 268円(税込)

柔らかく煮込まれているチキンが2本入っている商品です。

チキン2本、湯煎するだけでこのお値段で楽しめるのはコスパも最強クラス。

ほろっと崩れるくらい柔らかいお肉は、ランチだけでなく夕食にも出せるクオリティだと評価も高めです。

定番冷凍食品は小分けのこれが便利すぎた!

業務スーパーの定番、冷凍焼き鳥。

50本入りのものが多く、おいしくて大容量でコスパも良いのはわかっていますが、冷凍庫に入らないこともあって諦めることもしばしば。

今回なんと、5本ずつの少量パッケージバージョンを発見しました。

5本ずつの少量パッケージ

≪筆者撮影≫

炭火鶏もも串 167円(税込)

炭火鶏皮串 167円(税込)少量タイプの定番焼き鳥。

甘いタレは食欲をそそります。

あと一品欲しいとき、子供たちのおやつ、自分のランチなどいろいろな場面で活躍してくれそう。

コンパクトなパッケージなので、冷凍庫の隙間に入りやすくストック食材としては優秀

わが家の定番、瓶モノも購入!

業務スーパーで購入する定番商品に、瓶タイプの鶏そぼろがあります。

お手頃価格で美味しく、ご飯だけでなく冷奴などにも使えちゃう万能タイプ。

今回は鶏そぼろに加えて、焼き豚フレーク、焼き飯チャーハンの素を購入してみました!

鶏そぼろ、焼き豚フレーク、焼き飯チャーハンの素

 

≪筆者撮影≫

鶏そぼろ 149円(税込)ご飯、冷奴、卵焼きなどいろんな物に合うお助け食材。

ちょっとお肉感が少ない夕食や、塾帰りの子供の夜食などに添えて出すと喜ばれます。

業務スーパーに行くたびに毎回購入しています。

焼き豚フレーク 181円(税込)焼き豚大好きなので、購入するのを楽しみにしていた商品です。

そのままご飯にかけてもいいけど、焼き飯チャーハンの素と一緒に調理しても良さそうだなと感じました。

焼き飯チャーハンの素 192円(税込)一本で約10食分のチャーハンが作れるチャーハンの素です。

細切れの豚肉と大豆ミートを焼豚に使用しているのでお肉感もバッチリです。

塩加減も強めでお昼ご飯にパッと出すなら便利です。

自然解凍でOKのドーナツや、オーブンで焼くだけの本格クロワッサンがおすすめ!

業務スーパーのスイーツも、おいしくて優秀です。

夏休み、疲れが溜まって甘いものが食べたい!という時にも役立つアイテムはこちら。

業スのスイーツ

 

フレンチミニクロワッサン生地 321円(税込)10個入り

焼いて食べる本格的なクロワッサンです。

冷凍庫から出して15分ほど自然解凍したあと、オーブンやトースターで焼いて食べます

焼き立てを食べられるのがうれしいです。

ちょっと遅く起きた日の夏休みのブランチにもいいですよね。

ミニパンオショコラ生地 376円(税込)10個入り

ミニクロワッサンより若干お値段は高くなりますが、チョコレート入りです。

ミニサイズながらも本格的な味わいが、発売から一気に人気になったようで、売り切れていることも多いそう。

ドーナッツ チョコレートコーティング 160円(税込)チョコレートコーティングされたフランス産のドーナツ、3個入りです。

自然解凍30分ほどで食べることができます

冷凍でも損なわれないふわふわの生地に、コーティングされたチョコレートと、ちょっとした贅沢な気分を味わえます。

塾や部活、生活時間が違ってくる思春期こそ業務スーパーを活用してコスパ良いご飯を!

子供が二人とも中学生になると、毎日同じ時間にみんなでご飯を食べる機会も減ります。

夏休みは夏期講習や、部活で家にいないことが多く、みんな一斉に同じご飯を食べるというわけにも行きません。

ましてや自分もお仕事をしていたら、どうやってお昼や塾前ご飯を乗り越えようか、と毎日のように頭を悩ませています。

そういうときに役に立つのはやはり業務スーパーです。

冷凍、湯煎、瓶モノなど、自分でもできて、子供たちもいざとなったら作れるレベルのお惣菜やおやつを置いておくと、親の負担も減ること間違いないでしょう。

さらに価格は業務スーパーなので、お財布にも優しくなっています。

食べ盛りの子供たち、手間を少しでも減らして夏を乗り切りたい!という人におすすめの業務スーパー。

うまく活用して、コスパ、美味しさ、両方を手に入れたおてがるランチで夏休みを乗り切りましょう。(執筆者:松田 潔子)