有名Youtuberやテレビタレントが高級腕時計を自慢する姿をよく目にします。

しかしこの腕時計は、ステータスをアピールするだけでなく、近頃では「投資対象」として見られることも増えてきました。

腕時計と投資と聞くと今ひとつ、つながりがないように感じるかもしれませんが、いったいこの腕時計投資とはどのようなものなのでしょうか。

高級腕時計投資

話題の「腕時計投資」って何?

腕時計投資とは読んで字の如し、腕時計を投資対象として利益を上げることです。

以前から腕時計はプレミアム化しやすいモデルがあり、国内正規販売店の定価以上の価格をつける中古品がいくつかありました。

最近ではその傾向がさらに強くなり、さらに腕時計自体が高額化し始めているため、より一層投資としての利幅が大きくなる傾向にあります。

投資対象はスイスモデルと呼ばれる機械式時計

しかしこの腕時計投資の対象となるモデルはほとんどがスイスブランドの機械式腕時計となっています。

機械式腕時計というのはいわゆる電池を使ったクォーツ時計ではなく、自動巻きか手巻きのゼンマイを使った時計となります。

もちろんスイスブランドの機械式時計なら何でも良いというわけでもなく、価格が上昇するブランド、さらにはその中でも該当するモデルというのはある程度限られています。

なぜ腕時計が値上がりしているのか

投資対象となるからには、そのモデルの希少性というのが重要なポイントとなります。

新品が正規販売店の店頭でいつでも買えるというのであれば、当然ながら定価以上の価値になることはありません。

そのため投資対象となるモデルは、希少性が高くなかなか手に入らないというのが前提条件となります。

そもそもはそのような、なかなか手に入らないモデルを中古市場で購入したい人が定価以上の値段で購入していたため新古品を含めた中古市場で値段が上がっていたわけです。

最近ではその意味が徐々に投資対象へとシフトし始め、その結果高額なモデルがさらに高くなっていくという状況となっています。

趣味と実益が両立できるのがメリット

そのため本来中古の高級腕時計は、趣味でコレクションしているマニアたちの価値観で値段が推移していました。

しかし最近ではやや事情が変わり、腕時計には興味がないが投資として購入しているという方も現れ始めたようです。

しかし本来であれば趣味と実益を兼ねて好きなモデルを購入し、しばらく持っていたら値段が上がっていたというのが理想的なパターンです。

有名Youtuberが数百万の腕時計を購入して、それがいくらになったというニュースが話題にもなっています。

そこまでの高額な投資と見ずに、本来であればいかに気に入ったモデルを手に入れるのかを楽しみながら、そこに将来的な値上がりを期待するというのが、腕時計投資の楽しみ方なのではないでしょうか。

投資としてチェックしておきたいブランド&モデル

ではこの腕時計投資にチャレンジしたいと思った時に、どのようなブランドの、どんなモデルに注目すればよいのでしょうか。

昔から鉄板のロレックス

スイス時計でプレミアム化しやすいブランドと言えばまっ先にあげられるのがこのロレックスです。

なによりまず日本国内においてのブランドの認知度としては抜群で、ブランドイメージも高いものとなっています。

さらにロレックスは日本の正規代理店もあるのですが、人気モデルは正規代理店ではなかなか入手できないという希少性もあります。

人気となるモデルは「サブマリーナ」「ヨットマスター」「デイトナ」「エクスプローラー」等が挙げられます。

価格帯としても定価に近い価格で購入できれば、かなりの高確率で価格が上昇するというのが、ロレックスをおすすめする理由となります。

世界三大時計のパテック・フィリップ

一般の人には耳馴染みのないブランドかもしれませんが、腕時計業界の中でも頂点を極めると言われているのがこのパテック・フィリップです。

腕時計としてのステータスも抜群で、どこに出しても恥ずかしくないと言っても過言ではありません。

特に最近人気が高騰しているのが「ノーチラス」というモデルです。

ただしこちらは価格が現在では多くのモデルが1,000万円以上とかなりの高級腕時計となっていますので、気軽に手を出すわけにいはいかないかもしれません。

腕時計投資で高騰するモデルの見分け方

今回はあくまでも腕統計投資というものがあることをお伝えするための記事となっていて、実際に投資する際には入念な情報チェックや、知識を身につけることが必要となります。

なにしろ高級腕時計は一本買うだけでも最低数十万円、一般的には百万円以上の元手が必要となり、もちろんものによっては価格が上昇しないモデルも多々あることは知っておきましょう。

では最後にどんな腕時計の価格が上がるのかについて、簡単にまとめておきます。

円安は売りどき

時計価格の相場は、スイス時計の場合は為替によって大きく変動します。

そのため最近のような円安の時期は時計を買うタイミングではなく、高く売るタイミングということになります。

フェイク品に注意

購入腕時計にはフェイク品、つまり偽物も大量に出回っています

外見だけでは偽物とわからないようなものや、中身までそっくりに作られたコピー品もありますので、入手経路は有名ショップなどの信頼できる場所に限定するべきです。

複雑な機械であることを忘れずに

高級腕時計は複雑な機械式のものがほとんどで、定期的にオーバーホールしないと動かなかったり時間の狂いがひどくなってしまったりします

そのため購入時は時計のコンディションにしっかり留意して、購入するかを判断しなければなりません。(執筆者:石神 里恵)