業務スーパーTAKENOKOは、関西をメインに展開している業務用スーパーです。

神戸物産の展開する業務スーパーのひとつではありますが、普通の業スとは少し違っているようです。

ネットでの口コミからは、業スにあればうれしい部門が充実している様子が伺えます。

今回は、筆者が実際に業務スーパーTAKENOKOに行ってみて分かった、TAKENOKOの魅力を紹介していきます。

※価格は執筆当時で店舗により異なることもあります。ご了承ください。

業務スーパー TAKENOKO

業務スーパーTAKENOKO

関東関西に合わせて37店舗展開しています。(2022年7月現在)

大阪府29店舗:吹田店・豊中店・池田鉢塚店・新大阪三国店・箕面店・鵜飼店・坊島店・奈佐原店・門真本町店・高槻店・赤川店・枚方西禁野店・山手台店・大和田店・茨木市役所前店・上新庄店・江坂店・耳原店・東別府店・大峰店・長尾店・南茨木店・千成店・宝持店・東大阪店・大阪布施店・津雲台店・大畑店・内本町店

兵庫県3店舗:園田店・川西下加茂店・塚口店

神奈川県5店舗:立場店・柄沢店・相武台店・下溝店・小田原東町店

関東の店舗はまだ少なめですが、これからの出店が期待できます。

業務スーパーTAKENOKO

 

≪画像元:株式会社U&S

青果が豊富でお買い得

業務ス―パーTAKENOKOに行ってみてまず驚いたのは、野菜や果物の多さです。

筆者がよく行く業スは2店舗ありますが、どちらも青果はあまり充実していません

そのため欲しい野菜が手に入らず、もう1軒別のスーパーへ回らないといけなくなることが良くあります。

業務スーパーTAKENOKOに設置されたお買い得コーナーには、本当にお買い得な野菜や果物が並んでいました。

筆者が来店した日のお買い得商品には、次のようなものがありました。

 

・大きなナス 8本入り198円

・レタス 2玉158円

・エリンギ 2パック100円

 

筆者が普段野菜を買いに行くスーパーと比べると、半額近く安い価格で販売されていました。

精肉コーナーが充実している

業務スーパーTAKENOKOは、精肉コーナーも充実していました。

筆者のよく行く業スで取り扱っているのは、ほとんどが冷凍の精肉です。

生の精肉は少しあるものの、アメリカやカナダ、ブラジルなどからの輸入肉が大半を占めています。

業務スーパーTAKENOKOには、生のお肉もたくさんありました。輸入肉もあるけれど、国産のお肉も扱っています

価格も筆者が普段買い物をしている一般的なス―パーと比べると割安な印象。

筆者が来店した日の肉類の価格は、次のようになっていました。(すべて100gあたり)

 

・国産豚肉ロース・バラ肉 168円

・カナダ豚肉ロース 128円

・鶏ささみ 58円

・鶏むね肉 48円

・鶏もも肉 85円

・手羽元 68円

 

業務用のジャンボサイズばかりではなく、使いやすい分量で販売してくれているのもありがたいことです。

ちなみに筆者は「TAKENOKOバラ焼き」というオリジナルメニューを購入してみました。

TAKENOKOオリジナル

こちらは100g128円。

厚めのバラ肉にちょうど良い味付けがなされていて、とてもおいしかったです。

鮮魚の取り扱いがある

業務スーパーTAKENOKOで一番感動したのは、鮮魚を取り扱っていたことです。

筆者の通う2軒の業スでは、生の魚は取り扱っておらず冷凍品のみとなっています。

もちろん冷凍の魚は便利なのですが、生魚が欲しい日もありますよね。

業務スーパーTAKENOKOの鮮魚コーナーには、イワシやアジやイカなどの魚介類がたくさん並んでいました。

一般のスーパーと変わらないどころか、筆者がよく行くスーパーの鮮魚コーナーよりも充実しているほどでした。

かなりお買い得な価格です。

鮮魚もある

 

・キハダマグロ100g 390円

・天然ハマチ2冊 580円

・ハタハタ20匹 322円

・子持ちししゃも 20匹350円

魚介類は価格が高いため、わが家のメニューは肉料理が多くなってしまっています。

業務スーパーTAKENOKOが近所にオープンしたら、魚介のメニューも増やせそうだと感じました。

業務用+生鮮食品でコスパ最強

業務スーパーTAKENOKOは、理想の業務用スーパーでした。

お買い得価格の業務用食材も取り扱いながら、生鮮食品の品ぞろえも豊富で割安価格です。

こんな業スが生活圏内にあったら、食費節約に大きく貢献してくれます。(執筆者:桧山 あい)