AEON(イオン)の専門店で、8月26日27日28日の3日間、「たまっているWAON払い」をすることで、WAON POINTが20%還元されます。

普段のお買物でたまっているポイント、マイナポイント事業で還元されたポイントを使うチャンスです。

どの専門店で利用すべきかなど、店舗に問い合わせつつ考えてみました。

826・27・28 ポイント払いで WAON POINT20%還元

AEON(イオン)8月26日27日28日「WAON POINT 20%ポイントバック!!」

≪画像元:イオンモール

AEON(イオン)で、8月26日27日28日、「たまっているWAON POINTを利用する」と、WAON POINT20%ポイントバックを実施する「WAON POINT 20%ポイントバック!!」キャンペーンが開催されます。

・ 対象日は8月26日27日28日の3日間

・ たまっている「WAON POINT」を5ポイント以上WAON加盟店で利用することで、後日、利用したWAON POINT数の20%分を進呈

・ ポイントは9月末までに順次進呈

≪画像元:イオンモール

従来、「毎月5日」がたまっているWAON POINTの利用で10%ポイントバックの日です。

8月26日からの3日間は、それよりも高い20%ポイントバックで利用できます。

参加方法

≪画像元:イオンモール

キャンペーンの参加方法です。

1.  対象店舗で、支払い時に「たまったポイントを使います」と伝える

※利用するのはたまっているWAON POINT5ポイント以上が必要

2. 利用したWAON POINT数の20%は後日、9月末までに付与される

3. 付与されたWAON POINTは次からのお買物に利用できる

キャンペーンでの注意点

≪執筆者撮影≫

キャンペーンでの注意点は、

「専門店で」利用することで20%還元となる

ことです。

イオンの食料品売り場は対象外です。

また、行きたいモールが開催しているかは「各イオンモール店舗ページ → イベントニュース」から調べることができます。

キャンペーン詳細のほか、モール内対象店舗や対象外店舗を確認してみてください。

キャンペーン対象外店舗

イオンモールでWAON POINTが利用できたとしても、キャンペーン対象外の店舗もあります。

筆者は、わからない点が多かったので、複数のイオンモールに問い合わせたところ、無印良品、ユニクロ、GU(ジーユー)、スターバックスコーヒーは、どのモールでも対象外でした。

モールごとにルールが違うかもしれないため、利用したい店舗があり、イベントニュース内から対象店舗かどうか読み解けない場合は、問い合わせてみることもおすすめします。

マイナポイント事業でWAONポイントが付与されているならチャンス

≪画像元:イオン

マイナポイント事業では、第1弾、第2弾で最大2万円分のマイナポイントがもらえ、第2弾だけでも1万5,000ポイントがもらえます。

マイナポイントでWAONを指定した場合、多くのポイントが付与されているはずです。

例えば、マイナポイント第2弾で1万5,000WAON POINTが付与されている場合、すべてを使うとすると……

1万5,000WAON POINT×20%=3,000WAON POINT還元

すべてのポイントを一気に使うのは極端かもしれませんが、マイナポイント分を専門店のお買物に充てると、「さらにポイントが還元される」わけです。

【関連記事】:【目次から探せる】マイナンバーカード・マイナポイント 申請お助けガイド

キャンペーンでの注目店舗

WAON POINTが20%ポイントバックになるキャンペーンでの注目店舗があります。

1. KALDI(カルディ)

・ 輸入食品を扱う、KALDI(カルディ)

・ 食品を扱う、久世福商店

がイオン内にあれば注目です。

今回のキャンペーンでは、イオンの「専門店」が対象。

食料品売り場は対象外です。

KALDIでの商品が20%ポイント還元になるため、もしかするとイオンの食料品売り場よりも安く買えることがあるかもしれません。

≪執筆者撮影≫

「お客様感謝セール」をしている期間中のカルディ利用だと、コーヒー豆半額や商品10%オフと合わせワザができるため、さらにお得です。

2. 未来屋書店

割引対象になりにくい書店で20%還元になるならうれしいです。

未来屋書店が対象店舗のイオンモールもあり、本や参考書、文房具が20%ポイント還元されます。

ただし、問い合わせた時、未来屋書店の「セルフレジ」は対象外で、「有人レジ」のみが対象の店舗もあると聞きました。

いつもセルフレジを利用している方はお気をつけください。

3. JINS(ジンズ)やZoff(ゾフ)

20%オフになる時、高額商品だと節約効果をより感じられそうです。

メガネは安くても1万円くらいはします。

それが20%還元になるだけで、大きく節約効果を感じられそうです。

問い合わせたところ、JINS(ジンズ)やZoff(ゾフ)が対象のモールがありましたので、ポイント利用できるなら積極的に使いましょう。

利用することで20%還元を受けてみよう

たまっているポイントを利用して20%還元。

利用できない専門店もあるため注意が必要ですが、調べた限り、KALDI(カルディ)や未来屋書店で利用できることが判明した今回のキャンペーン。

マイナポイントで付与されたポイントがたくさんあるなら、利用して20%還元を受けられるのはメリットが多いように思います。

行きたいイオンモールのホームページで対象店舗を確認のうえ、行ってみましょう。(執筆者:株歴15年 優待株・高配当株・J-REIT・米国株も世帯保有250銘柄以上 谷口 久美子)