マクドナルドのレジでまだ並んでいますか?

モバイルオーダーなら長い列でも堂々スルーできます。

店内飲食なら「座席で待っている」

テイクアウトなら「注文を完結してからレジに取りに行く」

の方が断然スマートです。

先日までJCBカードで20%還元の受けられたマクドナルドのモバイルオーダー、今度はau PAYで10%還元です。

4月にもあったキャンペーンの再来です。

期間は2022年8月24日から9月6日までです。

引き続き列には並ばず注文しましょう。

モバイルオーダー

マクドナルドで並ぶ必要はない

最近の街中のマクドナルドは、このような感じです。

・ 席は比較的空きがある

・ 特にお昼、レジに並んだ列が長い

外で仕事をよくする筆者など、コーヒー1杯のためには並びたくありません。

この点モバイルオーダーなら、これだけです。

1. レジ行列を横目に、空席に座る

2. モバイルオーダーアプリを開き、今いる店舗を選んで注文を確定

3. 席に貼ってある銀色のステッカーの番号を入力

4. 仕事をしながら待つ

5. スタッフが商品を席まで持ってきてくれる

観察していると、お店によっては店内飲食の半数がモバイルオーダー利用ということもあります。

(通常時)ポイント的にはモバイルオーダーは損をする

ただし毎回必ずモバイルオーダーを使っているかというと、そうではありません。

ポイント派には、考えることが多いのです。

モバイルオーダーだと、次のメリットがありません

・ 三井住友カードの5.0%〜10.0%還元

・ 楽天ポイントまたはdポイント提示(0.5%)/期間限定ポイントの利用

・ Yahoo!やLINEのクーポン利用

マクドナルド最強の決済は、三井住友カード(NL、CL、プラチナリファード)のタッチ決済(Apple Pay、Google PayもOK)で、実に5.0%以上の還元です。

家族ポイント利用者の場合、最大10.0%にもなります。

もっともコーヒー1杯だと100円の会計のため、ポイントはほぼつきません。

むしろモバイルオーダーにメリットがあります。

会計が200円になってもポイントは合計でせいぜい2円〜3円なのですが、それでも一応悩むわけです。

折衷案として、店内にオーダー機のある店ではだいたいこれを使っています。

「Yahoo!やLINEのクーポン不可」の点はモバイルオーダーと同様ですが、三井住友カードでタッチ決済し、席まで持ってきてもらえるメリットがあります。

キャンペーン中ならモバイルオーダーが得

モバイルオーダーの通常の欠点を見ましたが、明確な特典があればデメリットは消滅します。

今回は、au Payで10.0%還元です。

三井住友カードの家族ポイントを上限(10.0%)で適用されている人以外は、モバイルオーダーが得です。

 

au PAY×モバイルオーダーで10%還元

QRコード決済のau PAY、それから共通ポイントPontaはお使いでしょうか。

au PAYは日ごろからメインの決済にしないまでも、いつでも使える状態にしておくとなにかと得をします。

そしてPontaも、使い続けている限り失効しないので、頻度が少なくてもモバイルポイントカードでぜひ持っておいてください。

事前に必要なアイテムの整理です。

・ au Payアプリ

・ Pontaアプリ

・ マクドナルドアプリ

・ (できれば)チャージ用のクレジットカード

au PAYは事前チャージが必要

au PAYは、プリペイド式電子マネーと同様、事前にチャージして使います

クレジットカードからチャージの場合、VISAとJCBはブランドが限られるのでご注意ください。

チャージ時還元率1.0%(ゴールドは2.0%)のau PAYカードがあると一番いいのですが、なくても構いません。

セゾンやエポス等が1枚あればここからチャージしてポイントが付きます。

楽天カードは全ブランドチャージ可能ですが、2022年7月よりポイントが付かなくなりました

ローソン銀行、セブン銀行のATMで現金チャージも可能です。

ちなみにマクドナルドの店頭では、au PAYはじめQRコード決済は利用できません

期間中の還元上限は1,000円

還元の上限は次の通りです。

・ 1回あたり → 500円

・ キャンペーン全体 → 1,000円

1回あたり5,000円、全体で1万円の注文まで還元が受けられます。

au PAYの通常時ポイント0.5%は、このキャンペーンに吸収されます。

還元はPontaで行われます。ためたPontaはau PAYへのチャージも可能です。

au PAYを選ぶのはオーダーの最後

モバイルオーダーの注文の最後に、決済方法が出てきます

この際にau PAYを選ばないと還元はないので気を付けましょう。

また、au PAYの残高にもくれぐれもご注意を。

9月5日までデリバリー無料も実施中

マクドナルドアプリは、モバイルオーダーの店頭注文だけでなく、マックデリバリー(ご自宅やオフィスへのお届け)にも利用できます。

マックデリバリーも9月5日まで通常300円の配送料が無料なので、ぜひ使ってみましょう。

1,500円(朝マックは1,000円)以上の注文で届けてもらえます。

マクドナルドアプリでデリバリー無料の地域は限られています。

事前にアプリで配送地域かどうか確認できます。

JCBのキャンペーンが終わったばかりで、次がもう始まりました。

別のキャッシュレス決済と組んだキャンペーンが今後も期待されます。

普段から、使えるキャッシュレスアイテムはぜひ多く用意しておきましょう。

常に安く食事が楽しめます。(執筆者:沼島 まさし)