雑誌は1冊500円以上することが多いため、毎月なん冊も読んでいる人はなかなかの購入金額になるのではないでしょうか。

また、文庫本や漫画ほど保管しておく機会が少ないため、捨てるのに手間がかかるのは雑誌のデメリットの一つかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、Amazonが提供しているサブスクリプション「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」です。

このサービスに入会すれば、雑誌を月に2冊以上読む人はお得になり、読み終わった雑誌の置き場や処分方法に困ることもなくなります。

今回はKindle Unlimitedの特徴やお得ポイントを、実際に利用している筆者がお伝えしていきましょう。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedとは 利用料金はいくら?

Kindle Unlimitedは、月額980円(税込)で雑誌や漫画、文庫本などが読み放題になるサービスです。

Kindleを持っていなくてもKindleのスマホ版アプリや、ブラウザ版アプリなどを利用すれば読むことができます。

ただし、全ての本が読み放題というわけではなく、「Kindle Unlimited」のアイコンがついたものに限定されているのでその点は注意が必要です。

しかし、Kindle Unlimitedで読める雑誌は200万冊以上ありますから、読みたい本が見つかる可能性は高いと言えるでしょう。

キンドル読み放題

≪画像元:Amazon

Kindle Unlimitedは雑誌しか読まない人でもお得?

Kindle Unlimitedは、読みたい雑誌が月2冊以上あれば、雑誌しか読まない人でもお得に利用できます

もう少し詳しく説明すると、Kindle Unlimitedアイコンがついており、読みたい雑誌の購入費用が毎月980円以上になるのであれば、Kindle Unlimitedを利用するとお得です。

もちろん、980円以上になる月だけKindle Unlimitedという方法でもお得になります。

筆者の場合、読みたい雑誌がKindle Unlimitedの中に5冊以上あったので、すぐにKindle Unlimitedに入会しました。

たとえば8月だと、原稿執筆時点ですでに2,640円分の雑誌を読んでいます。

980円の利用料を引くと1,660円得したことになりますから、お得度は高いと言えるはずです。

Kindle Unlimitedはどんな人におすすめ?

Kindle Unlimitedへ実際に入会してみましたが、文字が小さい雑誌だと、スマホアプリでは少々読みにくいと感じました。

と言っても、ピンチアップで文字が拡大できますから、全く読めないというわけではありません。

それで問題なく読めるならスマホしか持っていない人でも良いですが、大きな文字で読みたいなら、大きめのタブレットかパソコンを持っていたほうが良いでしょう。

また、当然ですがKindle Unlimitedで読んだ雑誌は形として手元に残せません。

コレクションとして残しておきたい人や、読んだ雑誌をフリマサイトなどで売りたい人には向かないでしょう。

反対に読み終えた雑誌の置き場に困りたくない、処分が面倒と感じている人にはピッタリなサービスです。

筆者は数か月に1回雑誌の整理をしますが、そのたびに大量の雑誌をリサイクルに出さなければならず困っていたので、その点からもKindle Unlimitedを利用してよかったと感じています。

雑誌の購入費用が多いならKindle Unlimitedを利用してみて

雑誌は2冊購入すると1,000円を超えてしまう場合が多く、読みたいけれど我慢していたときもありました。

図書館で読むことも可能ではありますが、借りたり返したりする手間を考えると、出不精な筆者はめんどうに感じてしまいます。

Kindle Unlimitedであれば雑誌の購入費用がお得になるだけでなく、置き場所・処分に困らない、いつでもどこでも好きなときに読めるなどのメリットがあります。

ぜひ一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:石神 里恵)