飛行機や新幹線での長距離移動を安くするには「早期割引」が定番ですが、仕事の関係で休みが直前まで確定せず、なかなか恩恵にあずかれない方も多いのではないでしょうか。

また、突然の冠婚葬祭などで、急に長距離移動が必要になる、という場合もあることでしょう。

この記事では、直前でもなるべくお得に飛行機・新幹線を予約し、交通費を抑える方法について紹介します。

直前の予約でもお得をあきらめない

1. LCCを利用する

出発地から目的地まで就航していることが条件ではありますが、

ジェットスター・ジャパン、ピーチ、スプリング・ジャパンといったLCC(ローコストキャリア・格安航空会社)

を利用すると、フルサービスの航空会社を直前予約した場合と比べて半額程度、もしくは時期や行き先よってはそれ以上に安くなる場合があります。

市街地からLCC向けの空港までの時間・交通費や、荷物預かりが別料金になることなどは考慮しなければいけません。

また、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆などの繁忙期はフルサービスキャリアとさほど価格が変わらないことも多く、比較検討が必要とはなりますが、LCC利用は長距離移動を安くするための有力な選択肢です。

2. 航空会社・鉄道会社の株主優待券を活用する

金券ショップでは、フルサービスの各航空会社や、JR各線・私鉄の運賃の割引が受けられる株主優待券を購入することができます。

株主優待券での割引は、直前でも、繁忙期でも適用可能なのがうれしいところです。

飛行機の場合、1枚(片道)1,500円〜3,000円程度で販売されていて、これを使うと運賃が約半額になります。

LCCが就航していない地方都市に行く時に便利ですね。

JALとANAを比較すると、現時点ではANAの株主優待券の方が安く売られているケースが多いようです。

鉄道については、会社によって割引率や利用方法が異なり、最大半額〜20%程度の割引となります。

運賃だけでなく新幹線料金・特急料金も含めて適用が可能です。

優待券自体の入手価格も鉄道会社によりますが、3,000円〜4,000円程度のケースが多いようです。

ただしJRの場合、複数の会社(例えばJR東日本とJR東海など)にまたがって移動する場合一度にきっぷを発券することができません

会社ごとに優待券を買って別々に発券すると、不便な上にかえって高くつく場合もあるので注意が必要です。

エリアの広いJR西日本(半額割引)、JR東日本(40%割引)内で、長距離の新幹線移動をする場合に活用するのがおすすめです。

3. 新幹線のネット予約を活用し、チケットレスサービスを活用する

新幹線のきっぷを買う時に、駅構内の窓口ではなく、

・ JR東日本の「えきねっと」

・ JR西日本の「e5489」

などのインターネット予約サイトを使い、SuicaやICOCAなどの交通系ICカードに紐付ける「チケットレスサービス」を活用すると、割引が適用になるケースがあります。

筆者の場合、つい最近「東京〜金沢」の新幹線を直前で予約しました。

行きは当日予約だったので、チケットレスサービスの200円のみの割引でしたが、前日に予約した帰り分は10%割引の座席がまだ残っており、正規料金より1,000円以上安くすることができました。

ただしチケットレスサービスの乗車券は新幹線の乗車駅〜下車駅のみに適用され、「東京都区内」「大阪市内」のようなエリア単位での乗車券発行ができません

最寄り駅から新幹線乗車駅までの交通費と、チケットレスサービスの割引額を比較し、どちらを利用するか決めることをおすすめします。

チケットレスサービスの割引を受けよう

4. 新幹線「こだま」の割引プランを利用する

所要時間は多くかかってしまいますが、旅行会社経由で申し込める新幹線「こだま」の割引プランも選択肢の1つ。

前日まで申込可能です。(JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」、日本旅行の「バリ得こだま」など)

東京ー新大阪の通常期料金(指定席利用)について、正規料金だと「のぞみ」1万4,720円、「ひかり・こだま」1万4,400円のところ、

「ぷらっとこだま」を利用すると1万700円

となり、正規料金で「のぞみ」を利用した場合に比べて片道で4,000円以上安くなります

ただこちらも、最寄り駅から新幹線乗車駅までの交通費は別途必要です。

5. 旅行会社のパッケージ商品を利用する

現地での宿泊も合わせて確保するなら、旅行会社のパッケージ商品を活用すると全体で大幅な割引を受けられるケースがあります。

旅行会社によって申込期限はまちまちですが、例えば「JR東日本びゅうダイナミックレールパック」なら、当日まで予約可能です。

往復新幹線の正規価格並みの料金で、1泊分の宿泊が実質無料となるようなケースも多くあります。

ぜひ選択肢に入れておきましょう。

実質ホテル1泊分が無料になるプランも

6. ANAの必要マイル数減額キャンペーンを活用する

これは日頃からANAマイルを貯めている方限定のやり方ですが、ANAではマイレージクラブ会員を対象に、通常より少ないマイルで国内線特典航空券に交換できるキャンペーンを実施しています。

特に「トクたびマイル」というキャンペーンでは、毎週火曜日に、翌々日の木曜日~次の水曜日までの期間中、お得に交換・搭乗できる区間が発表されます。

直近(2022年9月1日~7日搭乗分)だと、

・ 羽田~秋田・富山(通常期6,000マイル→キャンペーン適用で3,000マイル)

・ 伊丹~札幌(通常期7,500マイル→キャンペーン適用で4,500マイル)

などが出ていました。

また、「トクたびマイル」以外にも不定期でマイル減額キャンペーンを実施しているようです。

うまく予定と合えば、手持ちのマイルをより有効活用できますよ。

急に飛行機・新幹線を予約しなければならなくなった場合でも、安くする方法はあります。

割高な料金で申し込む前に少しだけ立ち止まって、今回挙げた方法が適用できないか検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:星澤 美衣)