ファミリーマート発の電子マネー「ファミペイ」の大型キャンペーンが9月1日~9月30日まで行われます。

街のお店・ネットのお店でファミペイ払いを利用する事で、誰でも200円、ファミペイ翌月払い登録なら2,000円相当を還元されるお得なキャンペーンを「さらに」お得に利用する方法を紹介します。

FamiPay

ファミペイとは(おさらい)

ファミペイとは

≪画像元:ファミペイ

コンビニエンスストア・ファミリーマート初の電子マネーで基本的には事前チャージ形式、そして後述の「翌月払い」といった支払方法が利用できるアプリです。

「ファミペイ」なんて名前ですが今回のキャンペーンのように、ファミリーマート以外での利用ができるのも特徴で、最近ではインターネットのお店で多く利用できるようになってきました。

もれなく半額還元キャンペーン

テキスト 自動的に生成された説明

≪画像元:ファミペイ

 

(1) キャンペーンの概要

2022年9月1日~9月30日までの限定的なキャンペーンですが、最大で半額・2,000円相当の還元を受けられるお得な内容。

誰でも200円、ファミペイ翌月払いを登録すれば新規・既存いずれの方でも2,000円相当の還元

さらに新規登録ならその時点で500円が特典として付与されます。

「翌月払い」とはクレジットカード同様、利用月の翌月に支払いができるもので利用自体に手数料はかかりません。

※清算を銀行引き出しでなく、ファミリーマート店頭で行うと330円が手数料として発生。

むしろファミペイの基本還元0.5%に翌月払いボーナス0.5%が加算されるため、筆者は基本設定で翌月払いにしています。

本キャンペーンのために登録したいけど、使い過ぎや清算できなくなるのが怖い…という方は、「ファミペイ翌月払いに登録するだけで、利用しなくても対象となる」という救済措置があるため安心です。

利用月の翌月に支払いができるもので利用自体に手数料はかかりません

(2) 参加方法と注意点

キャンペーンの参加方法自体は簡単ですが注意が必要です。

1. ファミペイアプリでキャンペーンにエントリーする

⇒ブラウザ、PCからはエントリーできませんので注意。

2. ファミリーマート「以外」の街のお店・ネットのお店でお買い物する

今回肝となるのはファミペイのキャンペーンなのに、利用対象はファミリーマート以外であること。

よって、普段は50%還元などしないようなお店でかなりお得にお買い物できるキャンペーンになったと言えるでしょう。

お得にお買い物できるキャンペーン

ただし、ファミペイが使えるネットのお店はいずれも対象ですが、街のお店の場合対象外もありますのでその点は注意が必要です。

公式WEBサイトをよく確認してから利用しましょう。

ファミマ以外のお店でいかにお得に買い物するか?

前述の通り、キャンペーン対象店舗であれば実質4,000円までの物が半額で買えるお得なキャンペーン。

ここでは筆者お勧めの「さらに」お得度を高める店舗をいくつか紹介します。

1:メルカリ&ラクマ

メルカリ&ラクマ

≪画像元:楽天ラクマ

言わずと知れた大手フリマアプリ「メルカリ」、そして楽天グループのフリマアプリ「ラクマ」。

中古品や掘り出し物が安く買えるサービスですが、アプリ内で時々3%~10%オフや●●円オフといったクーポンが配布されます。

期間中配布があるかは不明ですが、欲しい物がかなりお得に買えるチャンスがあります。

2:JiNS

JiNS

≪画像元:JiNS

メガネブランドの「JiNS」はオンラインショップ限定の割引を9月30日まで行っています。

シンプルなデザインの物が4,400円~売られておりこちらも希望の物があれば半額近い値段、または2,000円オフで買えるでしょう。

3:スギ薬局

スギ薬局

≪画像元:スギ薬局

ドラッグストアのスギ薬局、実はアプリを初回ダウンロードで10%オフクーポンが貰えます。

今までインストールしていない人なら、10%オフした商品を50%還元といった使い方ができるため、高めな化粧品などを買うのに適しています。

4:トイザらス

トイザらス

≪画像元:トイザらス

おもちゃ屋の大手トイザらス。

夏が終わり、サマーグッズの50%オフが始まっているので「来年の子供のために」今のうちにお得にお買い物をするのもお勧めです。

大型のプールや浮き輪、水鉄砲などを50%オフの50%還元などといったとんでもないお得度で買えるチャンスです!

対象店舗でお得度UPしよう

今回はファミペイのお得なキャンペーンを紹介しましたが、単体でもお得ですがこうしたキャンペーンを「さらにお得に」活用するかは、常にアンテナを張って調べる事で実現できると思います。

まだまだ対象店舗で、お得度UPが可能なものがあると思います。

ぜひ皆さんなりの使い方でこのキャンペーンをご活用ください。(執筆者:遠藤 記央)