夏の暑さもようやく落ち着きましたが、今度は冬の寒さが訪れます。

冬は夏以上に電力需給のひっ迫が予想されます。

今回は、電力会社のお得なキャンペーンを紹介しましょう。

節電チャレンジ

【dポイント】対象電力会社からのポイント交換で10%増量

対象電力会社からのポイント交換で10%増量

≪画像元:NTTドコモ

8月28日~2023年1月31日にエントリーしてください。

その上で、9月1日~2023年1月31日の期間中に、対象電力会社のポイント→dポイントに交換すると、dポイントが10%増量されます。

対象電力会社
≪画像元:NTTドコモ

対象電力会社は、以下の通りです。

  • 東北電力
  • 東北電力フロンティア
  • 東京電力EP
  • 東京ガス
  • 東邦ガス
  • 関西電力
  • 大阪ガス
  • 中国電力

交換レートや必要な最低ポイントは、以下の通りです。

交換レートや必要な最低ポイント
東北電力はポイントの交換単位が大きく、関西電力はポイントが目減りします。

キャンペーンの注意点

北海道や北陸、九州や沖縄の地域電力会社は含まれていません

東京ガスのみ、ポイント交換申込が9月25日~2023年1月26日と短くなっています。

10%分の増量ポイントは、ポイント交換時期によって12月末頃、2023年3月末頃に付与されます。

期限が付与日より2か月間と短いので、忘れないようにしてください。

東北電力、東京電力、中国電力は、ポイント交換申込から実際に交換されるまで、多少時間を要します。

東北電力は、10日間の審査期間ののち、会員自身で受取手続きが必要です。

対象電力会社のお得な節電チャレンジを紹介

交換後のdポイントが10%増量されるなら、これを機にたくさん交換したいものです。

そのためには、交換前のポイントを多く確保する必要があります。

ここからは、対象電力会社のお得な節電チャレンジを紹介しましょう。

【東北電力】(10/31まで)節電で3万ポイント当たるチャンス

節電で3万ポイント当たるチャンス
≪画像元:東北電力

東北電力では、「夏の省エネチャレンジキャンペーン」を6月1日~10月31日の期間中に実施中です。

Webエントリーの上で、月の電気使用量が前年比-5%以上を達成すると、抽選で以下のように、よりそうeポイントが当たります。

  • 1等:3万ポイント(100名)
  • 2等:3,000ポイント(1,000名)
  • 3等:500ポイント(1万8,900名)

期間中最大4口まで応募できます。

【東京電力】節電チャレンジで10節電ポイント/kWhもらえる

節電チャレンジで10節電ポイント/kWhもらえる
≪画像元:東京電力エナジーパートナー

東京電力では、「節電チャレンジ2022」を実施中です。

12月31日までに申し込んで節電チャレンジ2022に参加するだけで、くらしTEPCOポイント2,000ポイントがもれなくもらえます。

さらに、節電チャレンジの対象時間帯に1kWh節電すると最低5節電ポイントもらえ、初めて0.01kWh以上の節電に成功すると、初回ボーナスとして100節電ポイントがもらえます。

1節電ポイント=1くらしTEPCOの交換レートですが、上限は1,500くらしTEPCOポイントです。

【東邦ガス】節電チャレンジで10ポイント/kWhもらえる

節電チャレンジで10ポイント/kWhもらえる
≪画像元:東邦ガス

東邦ガスでも、節電チャレンジを実施中です。

「Club TOHOGASアプリ」をダウンロードした、対象電気料金の契約者が参加できます。

アプリの初回登録だけで、100ポイントがもらえます。

アプリ内ポイントが100ポイント貯まると、がすてきポイント100ポイントに自動交換です。

要請が来た節電対象日時に1kWh節電するごとに、10ポイントもらえます。

【関西電力】(9/30まで)節電チャレンジで5ポイント/kWhもらえる


≪画像元:関西電力

関西電力では、「夏の節電プロジェクト202」2を7月4日~9月30日の期間に実施中です。

関西エリア・首都圏エリアの関西電力の対象電気料金の契約者が参加できます。

要請が来た節電対象日時に、利用者ごとに算定する標準的な使用量と比較して1kWh節電するごとに、はぴeポイント5ポイントがもらえます。

ただし、9月15日が申込の期限なので注意してください。

冬は政府の「節電プログラム」にも注目

電力需給のひっ迫を受けて、政府は早ければこの夏にも「節電プログラム」を開始予定でした。

しかし、電力会社の準備が整わず、この夏の実施は見送られています。

冬も電力需給のひっ迫が見込まれるため、冬こそ節電プログラムを実施するでしょう。

夏の節電チャレンジは、その予行練習だと思ってください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)