通常還元率は0.5%と平凡な三井住友カードですが、ボーナスポイントや割引などがあり、還元率だけではないお得があります。

三井住友カード 年間利用額に応じた年会費割引は終了

しかし、そんな三井住友カードのお得に変化がありますので、紹介しましょう。

月5万円以上利用でボーナスポイントもらえる

ボーナスポイントもらえる
≪画像元:三井住友カード

対象カードを月5万円以上利用すると、通常のポイントに加えてもれなくボーナスポイントがプレゼントされます。

・ 毎月10日支払い:支払い月の前月25日頃

・ 毎月26日支払い:支払い月の10日頃

と、支払い日によってプレゼント時期が異なります

家族カードの利用分は、本会員に合算可能です。

対象カード

主な対象カードは、以下の通りです。

・ 三井住友カードプラチナ

・ 三井住友カードゴールド

・ 三井住友カード

・ 三井住友カードRevoStyle

・ 三井住友カードTile

・ 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners

プラチナプリファード、ゴールド(NL)、三井住友カード(NL、CL)、ビジネスオーナーズゴールド(NL)など、一部対象外カードがあります。


≪画像元:三井住友カード

プラチナ・ゴールド・プライムゴールド会員なら、月5万円以上利用で100ポイント、10万円以上で200ポイント、以降5万円ごとに200ポイントです。

それ以外の対象カードでも、上記の半分のボーナスポイントがもらえます。

対象外の支払い

月5万円利用にカウントされない利用先があります。

特に注意したいのが、SBI証券での三井住友カードつみたて投資です。

月5万円まで積立可能なことから、積立していればボーナスポイントもゲットと考えがちですが、残念ながらそれはできません。

 

 

12月支払い分で終了

2022年12月支払い分をもって、月5万円以上利用でもらえるボーナスポイントが終了します。

2023年1月以降に条件を満たしても、ボーナスポイントはもらえません。

2023年1月より「年間利用ボーナス」がスタート

「年間利用ボーナス」がスタート
≪画像元:三井住友カード

2022年12月で終了する「月5万円以上利用でもらえるボーナスポイント」に代わり、2023年1月から「年間利用ボーナス」がスタートします。

本会員の「カード加入月~11か月後末」を対象期間として、50万円利用ごとに2,500ポイントがもらえるというものです。

カード加入月の月末までにプレゼントされます。

カウント対象外の利用先は、月5万円以上利用でもらえるボーナスポイントと変わりません。

対象カード

対象カードは、以下の通りです。

・ 三井住友カードプラチナ

・ 三井住友カードゴールド

・ 三井住友カードプライムゴールド

・ 三井住友カードゴールドVISA(SMBC)

・ 三井住友カードプライムゴールドVISA(SMBC)

「月5万円以上利用でもらえるボーナスポイント」と比較して、対象カードがぐっと絞り込まれました

プリファードやゴールド(NL)は、対象外です。

また、カードの種類によって年間利用ボーナスの上限が異なります。

・ プラチナ:5万ポイント

・ ゴールド:1万ポイント

・ プライムゴールド:5,000ポイント

条件を達成するとカード年会費が割引される

条件を達成するとカード年会費が割引される
≪画像元:三井住友カード

三井住友カードには、以下の3つの条件のいずれかを満たすと、年会費割引特典があります。

 

・ 1年間でWEB明細で6回以上請求

・ マイ・ペイすリボで1回以上手数料支払い or 前年度累計買い物金額が100万円以上

・ VisaとMastercardの2枚持ち

 

ゴールドは最大6,700円引き

ゴールドは最大6,700円引き
≪画像元:三井住友カード

例えば、三井住友カードゴールドは、以下のように年会費が変動します。

・ 通常年会費:1万1,000円

・ WEB明細で6回以上請求:9,900円

・ 累計買い物金額が100万円以上300万円未満:8,800円

・ WEB明細+累計買い物金額が100万円以上300万円未満:7,700円

・ 累計買い物金額が300万円以上:5,500円

・ WEB明細+累計買い物金額が300万円以上:4,400円

最大6,700円引きと、かなり魅力的です。

年間利用額に応じた年会費割引が終了

しかし、累計買い物金額に応じた年会費割引は、2023年2月~2024年1月の年会費支払い分への適用をもって、終了します。

2023年2月支払い分以降の利用は、累計買い物金額の対象となりません


≪画像元:三井住友カード

ただし、「三井住友カードゴールド(NL)」で適用される年間100万円以上利用で年会費永年無料は、継続されますので安心してください。

カードの利用状況を改めて確認しよう

従来のボーナスポイントは、毎月一定金額以上利用しないと、ボーナスポイントがもらえませんでした。

改定後は、一気にドカンと使ってもボーナスポイントがもらえるようになります。

しかし、対象カードは絞り込まれ、毎月10万円以上利用する人にとってはもらえる年間ボーナスポイント数が減少します。

自分のカードライフを分析して、使い続けるかを考えてみましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)