もうすぐバレンタイン。

バレンタインには毎年、普段お世話になっている方に義理チョコをたくさん配る方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ひとつ300円程度の義理チョコを選んだとしても、5人で1,500円、10人だと3,000円程度の費用がかかります。

300円程度で買えるチョコレートは義理チョコとして人気があるため、買いに行った頃には売り切れていたという苦い経験がある方も少なくないはずです。

費用を浮かせようと「手作りチョコにしよう」と思うと、材料費の高騰によりあまり費用の節約にならないことも少なくありません。

また、手作りチョコは作るのに時間がかかるため、「そんな余裕はない!」という方もいるでしょう。

そこで今回はドン・キホーテで購入できる、義理チョコにおすすめのお得なチョコをご紹介します。

あわせてラッピングまで済ませた状態の費用もご紹介するので、毎年義理チョコの調達に頭を悩ませている方はぜひ参考にしてくださいね。

ドンキのチョコでバレンタイン

ドン・キホーテで買える!義理チョコにおすすめのお得なチョコレート

ドンキのチョコで義理チョコしましょう!

ドン・キホーテで購入できる義理チョコにおすすめのお得なチョコレートは次のとおりです。

1. トリュフアソート 37個入り 429円(税込)

トリュフアソート

こちらのトリュフアソート37個入りで429円(税込)なので、1個あたり約11円です。

4種類のチョコレートが入っており、食べ応えのあるヌガーのようなペーストが真ん中に入ったチョコレート。

海外のチョコレートなので、甘みが強めです。

高級チョコレートのような豪華な包み紙も、バレンタイン用のチョコレートとしておすすめしたいポイント。

ドン・キホーテでは、バレンタインの時期以外でもよく販売されています。

2. アルフォート ファミリーサイズ 18個入り 192円(税込)

定番アルフォート

こちらは好きな方も多い、アルフォートチョコレート

ファミリーサイズはひとつずつ個包装になっているので、小分けにぴったりです。

価格は時期によって異なりますが、筆者は192円(税込)で購入でき、18個入っていたのでひとつあたり約10円でした。

普段食べる機会が多いチョコレート菓子は、受け取った時に喜ばれる確率が高いのでは。

3. ド情熱価格 ミックスラムネ 24個入り 108円(税込)

ミックスラムネ

こちらはチョコレートではないのですが、包み紙がカラフルで、ラッピングした時に映えるので、今回のおすすめ品に入れてみました。

ドン・キホーテのオリジナルブランド品のラムネで、108円(税込)で24個入り、1つ約4.5円です。

ドン・キホーテで購入したチョコをダイソーの袋でラッピングしてみました!

ダイソーの袋でラッピング

今回ラッピングで使用するのはダイソーのアイテム。

かわいいテディベアのイラストがプリントされており、カラータイ付き、20枚入りで110円(税込)でした。

こんなにかわいいのに、1枚あたり約5.5円はお得過ぎます。

義理チョコをラッピングします

今回はトリュフアソート3つ、アルフォート2つ、ラムネ3つを入れてみます。

ラッピング完成

ラッピングするとこのようになります。

持った時に重みを感じるので、安っぽさを感じません

費用

ラッピング代をあわせた費用は以下のようになりました。

  • ラッピング代 5.5円
  • トリュフアソート 11円x3個=33円
  • アルフォート 10円x2個=20円
  • ラムネ 4.5円x3個=16.5円

合計75円

なんと、1人分でたった75円でした!

もともとラッピングされたものを購入したら、500円以上はしそうな義理チョコが、100円以下で用意できるのはありがたいはず。

高級感あふれる義理チョコたち

トリュフアソート3個、アルフォートチョコレート2個、ラムネ3個で作ると10人分は作れないと思うかもしれませんが、アルフォートチョコレートとラムネの不足分をトリュフアソートで補えば10人分作れます。

各個数を今回の数より減らせば、20人分作ることもできそうです。

義理チョコにかかる費用を節約したい、手作りチョコを作る暇がないとお悩みの方は、ぜひ今年はドン・キホーテとダイソーを活用してみてはいかがでしょうか。(執筆者:メルカリ取引700回以上 石神 里恵)