QRコード決済の中では知名度ナンバーワンのPayPay。

ユーザー数も加盟店数も多い人気のキャッシュレス決済ですが、ポイント還元に関してはちょっと複雑です。

ルールがわかりにくく、またころころ変わるため、「よくわからないけどとりあえず使っている」という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、PayPayをいつでも最大の1.5%還元で使う方法を解説します。

今使っている人も、最近使っていない人も、今現在のルールを知ってお得に使いましょう。

最新のPayPayステップ達成方法

今現在のPayPayステップ達成条件

PayPayは利用状況によって「PayPayステップ」のランクが上がり、それに応じて還元率も上がります。

2022年12月以降PayPayステップの条件が一新され、今現在の内容は以下の通りです。

2022年12月以降PayPayステップの条件が一新

≪画像元:PayPay

図を見ただけではかなりわかりにくいですが、結論から言うとチャージして使うPayPayの残高払いでは、どれだけ使っても最大1%還元にしかなりません。

最大1.5%にするには、PayPayの利用分を後から支払う「PayPayあと払い」の利用が必要です。

さらに以下の条件を達成すれば、翌月の還元率が最大の1.5%となります。

・ 300円以上を30回以上使う

・ 総額10万円以上使う

最大1.5%を達成するには、PayPayあと払いで300円以上を30回、かつ10万円以上の支払いが必要です。

ですが、「PayPayで10万円以上も使わない」という人も多いのではないでしょうか。

その場合は、PayPayが発行するクレカである「PayPayカード」の合わせ使いがおすすめです。

「PayPayあと払い」の利用者に限り、PayPayカードの利用分も10万円のカウントに含まれます。

つまり電気代や交通費など、毎月の生活費をPayPayカードで支払えば、10万円利用の条件を達成しやすくなるのです。

PayPayステップで最大1.5%還元する手順

先ほど解説したPayPayステップ達成条件を踏まえると、最大1.5%を達成する手順は以下のようになります。

1. PayPayカードを発行する

2. PayPayあと払いを登録する

3. 300円以上を30回以上、かつ総額10万円使う

順番に詳しく解説します。

(1) PayPayカードを発行する

PayPayカードとは、PayPayが発行するクレジットカードです。

詳しくは以下をご覧ください。

還元率 1%
年会費 永年無料
貯まるポイント PayPayポイント
ブランド Visa/Mastercard/JCB

参照:PayPay

PayPayカードは年会費無料で、100円(税込)使うごとに1円相当のPayPayポイントが貯まります。

貯まったポイントはまたPayPayでお買い物に利用できるので、無駄なく使い切れるでしょう。

シンプルなナンバーレスのデザインで、最短7分の即日発行にも対応しています。

2月中であれば入会&利用で最大7,000円相当のPayPayポイントがもらえるので、早めの申し込みがおすすめです。

(2) PayPayあと払いを登録する

PayPayあと払いとは、PayPay利用分を翌月まとめて支払えるサービスです。

「PayPayあと払い」という名前のせいでかなりわかりにくいのですが、実際には“カードレスのPayPayカード”のような位置付けとなっています。

プラスチック製のPayPayカードを持っていれば、PayPayあと払いの利用分が一緒に引き落とされます。

PayPayあと払いは「翌月まとめて支払える」とアピールされていますが、クレカであるPayPayカードと一緒に引き落とされるなら、翌月まとめて支払うことは当たり前と言えるでしょう。

また、翌月払いであれば手数料は一切発生しないのでご安心ください。

PayPayあと払いの申し込み方法は、PayPayアプリホーム画面の「残高払い」と書かれたスイッチをタップし、必要事項を入力の上申し込みます。

≪画像元:PayPay

あと払いの登録が終わったら、再び残高払いスイッチをタップし、青い画面になればあと払いの設定は完了です。

なおPayPayカードをすでにPayPayに設定している場合は、最大1.5%の対象外となります。

2022年12月以降、PayPayあと払いにしないと最大1.5%にはならないので注意してください。

3. 300円以上を30回以上、かつ総額10万円使う

PayPayカードとPayPayあと払いの設定が終わったら、300円(税込)以上の決済を30回、かつ総額10万円以上利用していきます。

コンビニやスーパー・家電量販店など、ふだんのお買い物全てをPayPayあと払いとPayPayカードで支払うのがおすすめです。

PayPayあと払いはPayPay加盟店、PayPayカードは国際ブランドの加盟店でそれぞれ使えるので、店舗によって使い分けると良いでしょう。

また、「PayPay請求書払い」も10万円カウントの対象です。

そのため、国民年金や自動車税などを支払えば、10万円の条件をかなり達成しやすくなります。

請求書払い自体にはポイントがつきませんが、最大1.5%還元を達成するため、うまく活用しましょう。

無理なくPayPayステップを達成しよう

これまでPayPayステップを達成するには、PayPayの利用のみで30回利用と総額5万円利用が必要でした。

ですが現在ではPayPayカードとPayPayあと払いで、30回利用と総額10万円と変更されています。

総額10万円に増えて厳しくなったものの、PayPayカードの利用分もカウントに含まれます。

家庭を持っている方など、支出の多い人なら達成しやすいと感じる場合もあるでしょう。

ですがPayPayカードとPayPay利用分を合わせても月に10万円使わない人は、残念ながらPayPayでは1.5%還元を達成できないことになります。

お金がかかることなのでムダ使いを避け、無理なくPayPayステップを達成してください。(執筆者: 西本 衣里)