すき家が、すごいキャンペーンを打ち出してきました。

それは、人気お子様メニューが130円引きで100円になるクーポン

お子様牛丼、お子様とりそぼろ丼、お子様カレーの3品が対象です。

物価高でありがたいキャンペーン、アレンジもでき、調べてみたところポイント払いのみもいけることが発覚しました。

子育て家庭は、ぜひ利用してみましょう。

すき家のひな祭りスペシャルクーポン お子様メニュー100円

すき家の「#ひな祭り スペシャルクーポン」

すき家のひな祭りスペシャルクーポン

≪画像元:Twitter

すき家のTwitter「#ひな祭り スペシャルクーポン」は、お子様メニューがそれぞれ130円引き。対象商品は3つあります。

  • お子様牛丼
  • お子様とりそぼろ丼
  • お子様カレー

店内飲食、持ち帰り価格とも通常価格は230円

そのため、今回のクーポンを利用することで、それぞれ100円になります。

1度の会計で3個まで利用でき、店内飲食、お持ち帰りいずれも対象です。

実施期間:2023年2月24日9時~3月10日8時

最終日は朝8時までなのでお気をつけください。

使い方

  1. 「#ひな祭りスペシャルクーポン」をスマホでお気に入り登録、スクショをとっておく
  2. 会計時にレジで画像を提示
  3. QRコードを読み取ってもらい、クーポン適用

スマホがない人は、プリントアウトしてQRコードを読み取ってもらうことでも代用できそうです。

ただし、画像が不鮮明だった場合はクーポンが適用されないこともありえます。

クーポン使用時の注意点

クーポン使用時の注意点もあります。

  • クーポンを忘れると割引対象外
  • 4個以上の場合は会計を分けて使用はできない
  • 他の割引券やSukipassとは併用不可
  • 株主優待券、すき家食事券、ZSCお試し券、レシートアンケートクーポンは使用可

クーポン提示が必須条件です。

こんな使い方アイデア

1人前が130円引きになり、お得になるクーポン。

何より、お子様牛丼、お子様とりそぼろ丼、お子様カレーが「それぞれ100円」で買えるのは魅力です。

さらに楽しむためのアイデアを提案します。

1. みそ汁をつけてもお得

みそ汁をつけてもお得

≪画像元:すき家

お子様メニューで安くなった分、何か注文したいと思った時、みそ汁をつけてもお得です。

海老つみれ汁は200円、みそ汁は80円、とん汁は200円

どれもテイクアウトOKなので、ちょっと追加したいと感じた時も割引分を考えると気軽に追加できます。

みそ汁追加しても通常価格より安いです。

2. ミニごはんをつけてもお得

ごはん

≪画像元:すき家

お子様メニューだと量が少ないと思うお子さんを育てている場合でも、ごはんミニサイズは130円

追加しても割引金額130円と相殺されます。

3. デザートをつけてもお得

アイスのデザートはいかが

≪画像元:すき家

クーポンで130円引きになったことで、少し贅沢にデザートをつけてみることもできます。

例えば、アールグレイミルクティーアイスクリームは180円、なめらかカラメルぷりんは160円、とろけるダブルショコラは160円。

値引き金額と相殺すると、+30円~+50円でデザートをつけられる計算です。

4. テイクアウトでおうちアレンジ

今回の割引では、持ち帰りも対象。そのため、おうちでアレンジもできます。

  • 牛丼にチーズをかけて……チーズ牛丼
  • カレーにからあげトッピング……からあげカレー

すき家ではとろけるチーズトッピングが30円追加なので、持ち帰りした際、家にある材料でアレンジできたらトッピング代の節約もできます。

すき家では「ポイントを使っても」ポイントがたまる

ゼンショーで使えるポイント

≪画像元:ゼンショーホールディングス

すき家をはじめとしたゼンショーグループでは、CooCa、楽天ポイント、dポイントがたまります。

200円につき1ポイントのポイントがつきます。

今回のお子様メニューでは2つを同時注文することで1ポイント加算対象です。

ポイント払いの分のポイントもつく

≪画像元:ゼンショーホールディングス

しかも、「ポイントで支払ってもポイントがつく」ので、CooCa、楽天ポイント、dポイントがたまっているなら、ポイント使用して現金払いなしにしても、ポイントをつけることができます。

子育て家庭にありがたい「お得すぎるキャンペーン」

人気お子様メニュー3商品がそれぞれ100円。

ワンオペだったり、仕事が忙しくて食事を作りたくない時には、130円割引になった商品で罪悪感もなくなります。

割引になった分はトッピングやデザートにしてもよし、持ち帰りにして家でアレンジにしてもよし。

支払方法もポイントが使えます。

節約したいご家庭にも助かるに違いありません。(執筆者:節約生活スペシャリスト 谷口 久美子)