※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

ダイエットはお金がかかると思ってる人必見 ダイエットと節約を両立する方法

節約・ポイ活 節約・ポイ活
ダイエットはお金がかかると思ってる人必見 ダイエットと節約を両立する方法

夏ですね。みなさん、ダイエットは完了しておられますでしょうか。残念ながら、わたしは間に合いませんでした! (つらい……8月いっぱいはかかりそうです)

ところで、ダイエットと言うと、ダイエット食品やエステ、ダイエット器具やDVDなど、何かとお金がかかるもの。今流行りの「ジュースクレンズ」だって、1本あたり1,000円程度、1日5~6本飲むものなので、1日だけで5,000~6,000円かかってしまいます。

また、同じく流行りの「糖質制限」だって、お米を抜いてしまえばおかずで空腹を満たすことになり、食費がかさんでしまうものです。節約している人からすれば、「ダイエットは二の次」になりがちです。

そこで、今回はお金をかけずにできるダイエットを紹介します! そして、節約とダイエットをしっかり両立させていきましょう。


王道のダイエットはお金がかからない

まず、「○○ダイエットをすれば痩せる!」という思い込みは捨てましょう。どのようなダイエット方法を取り入れるのも自由ですが、結局は、適切な食生活と適度な運動を実践しなければ、ダイエットは成功しません。むしろ、この基本さえ守っていれば、ダイエットは成功します。

もう少し、詳しく解説しましょう。

【適切な食生活】
・和食中心
・寝る3時間前には食事を済ませておく
・夕食の炭水化物は控えめに(抜ける人は抜く)
・お腹が空いていないときには食べない
・一口分を飲みこんでから次の一口を入れる
・水分は水かお茶、無糖のコーヒー・紅茶

【適度な運動】
・筋トレ
食事を控えめにすると体脂肪が分解されてエネルギーとして使われるので痩せますが、このとき同時に筋肉も分解されてしまいます。筋肉を維持するために、筋トレはおこないます。また、筋肉が少ない人は、筋肉を鍛えることで体力がつき、ダイエットが継続しやすくなる・メリハリのある体型になる、というメリットもあります。

・有酸素運動
みなさんよくご存じかと思いますが、効率よく体脂肪を燃焼させるなら、有酸素運動が一番です。ウォーキング、ジョギング、スイミング、踏み台昇降など、自分がやりやすいものを選びましょう。

ダイエットでお金をかけるところ・削れるところ

とは言え、やはり野菜中心の和食生活をしようと思えば今までよりお金がかかるという場合もあるでしょうし、ウォーキングのためにシューズを新調したりするのにもお金はかかります。でも一方で、削れる支出もあるんです。


食べる量が減れば食費が減る

野菜をたくさん食べても、炭水化物(糖質)やお菓子を減らせば、それだけ食費は削れます。わたしの場合、ダイエットをしていないときなら10皿以上食べる回転寿司も、ダイエット中は2皿+赤だしだけで済みます。

徒歩と自転車で、交通費が減る

普段の買い物や、通勤を徒歩や自転車に切り替えれば、交通費もダイエットできちゃいます。わたしも、買い物に行くときは徒歩もしくはジョギングです。(帰りはさすがにバスに乗りますが) 遊びに出かけるときも、美味しいものを食べるために、行くときには1時間以上の距離を歩きます。

交際費も削れます

ダイエットを成功させるためには、気の向くままに飲みに行っている場合ではありません。どうしても断れないもの以外は断った方が、ダイエットは成功しやすいです。そして、飲み会を断われば、それだけ交際費は減らせます。わたしは、正直にダイエット中だということを言って断ったり、みんなと違うコースを頼んだりしています。

一方、お金をかけていただきたいのはこういうところです。

野菜・果物

ダイエットは、単純にカロリーの低い、野菜をたくさん食べるのが成功のコツです。野菜もけっこう高いものですが、だからと言って安い炭水化物に逃げてしまうと、ダイエットは成功しません。果物は、カリウムが豊富で水分を排出してくれるバナナや、アントシアニンが豊富で美容効果の高いベリー類がおすすめです。わたしは、毎日冷凍ブルーベリーにプレーンヨーグルトをかけて食べています。

お菓子

ダイエットが長丁場になる場合、お菓子を完全にやめるのは難しい人も多いと思います。わたしも食べたいです。ただ、毎日食べているようではいけませんし、大量に食べるわけにもいきません。

わたしは、たまに食べるお菓子は、スーパーやコンビニで買えるものではなく、好きな和菓子屋さんの水ようかんだったり、好きなパティスリーのタルトだったりを買います。この方が満足度が高く、少しの量で満足できるのです。お菓子を食べる回数・量は減るので、トータルで見ればマイナスになるはずですよ。

新しい服

ダイエット中はなるべくお金はかけずに、ダイエット成功後の、新しい服を買うお金を残しておきましょう。大幅なサイズダウンが見込める場合は服はすべて新調することにもなりかねませんので、ダイエット成功後に欲しい服を妄想したりネット通販で眺めたりして、わくわくすることもダイエット成功のコツです。

ダイエットと節約は両立できる!

もう数年前になりますが、一時期すごくお金がなかったときに、ダイエットをしたことがあります。ちっともお金をかけずに、成功しました。

・買い物は自転車を使わずすべて徒歩にする
・食事の質を高める分、食べる量を減らす
・ネットで覚えた部位ごとの筋トレを日替わりで毎日おこなう
・古新聞をガムテープでとめて作った踏み台で、踏み台昇降を毎日30~60分
・早寝早起き、睡眠をたっぷりとる

これだけです。特に筋トレの効果は絶大で、体が引き締まっただけでなく、体力が上がったため歩いて買い物に行くのも家じゅうを毎日雑巾がけするのも楽しくなるほどでした。


エステやダイエット食品、器具、DVDなどは、あくまでもダイエットをサポートしてくれるもの。お金をかけたくなければ、取り入れる必要は無いのです。今はネットでもダイエットに関する情報はたくさん手に入りますし、魅力的な(ように思える)お金のかかるダイエットは気にせず、基本を守ったダイエットで地道に痩せていきませんか?(執筆者:吉見 夏実)

《吉見 夏実》
この記事は役に立ちましたか?
+2

関連タグ

吉見 夏実

吉見 夏実

1984年生まれ。お金を貯めるのは好きだが同様にお金を使うことも大好き。好きなものを買うために普段はムダ遣いを排除し、シンプルライフを徹底。専業主婦時代には食費月1万円を実践、年間貯蓄額200万円を継続中。お金の使い方やダイエットにも断捨離の考えを取り入れ、無駄なくかつ楽しく豊かに生活する方法を模索中。メディア掲載:日経WOMAN、週刊SPAなど 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集