※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

2020年の経済予測と、日本の株式相場の見通し 企業業績は底堅く推移

投資 株式投資
2020年の経済予測と、日本の株式相場の見通し 企業業績は底堅く推移

2019年の日本株相場の動向

2019年の日本株相場の動向

2019年の日本の株式相場は、年明けすぐに発表された米国企業アップルのスマートフォン減産のニュースにより、大発会に1万9,241円と2019年の安値を付ました。

また、2019年の高値は、世界的な金融緩和に加え、米中通商交渉の第1弾の合意や、ハードブレグジット懸念の払拭等を好感して、12月17日に2万4,091円をつけています(12月26日執筆時点)。

株価の上昇が抑制される米国大統領選挙年

過去10回(1980年以降)の米国の大統領選挙年の株価の騰落率を平均したものを見ると、日経平均株価はほぼ横ばいといえる状況です。

これは、ニューヨークダウ30種平均株価についても同じことがいえます。

株価の伸びが抑制される原因は、

米国の大統領の権限は非常に大きく、誰が大統領に就任するかによってその後の政策が大きく変わる可能性があり、株式市場も不透明感から様子見をするため

だと思われます。

つまり、過去の経験則からすれば、2020年の日経平均株価やダウ30種平均株価の上昇は期待薄ということになります。

2020年の日経平均株価の予想

2020年の日経平均株価の予想

日経平均株価予想の前に、前提となる為替レートと一株当たり利益(EPS )についてコメントしておきます。

2020年の円ドルの平均為替レートについては、2019年に引き続き1ドル=109円を想定しています。

円ドルレートの妥当なレンジとして、1ドル=105円~113円と予測しているためです。

また2019年の年初にもあったように、昨今はコンピューター取引が席巻しているため、売買が一方向に偏ることがあります。

そのため、オーバーシュート的な動きまで想定すれば、1ドル=103円~115円とレンジは広がると考えます。

いずれにしても、円ドル相場は1ドル=109円想定で問題ないでしょう。

2020年のEPSの算定

まず2019年のEPSの予測が必要になります。

2019年中間決算段階での企業による予測では、2018年に比べて6.1%の減益となっています。

一方で、市場のコンセンサスは、2018年比2%台後半の減益予想となっています。

また、2020年のEPSについては、今のところ民間のストラテジストは、2019年比で6%程度の増益を予測する声が多くなっています。

2020年の世界経済は、リセッション(景気後退)に入る兆しはなく、緩やかではあるものの成長が続くと考えられます。

そのため、6%成長は少し過大かもしれませんが、日本企業の業績も底堅く推移するものと思われます。

上記を踏まえた上での2020年の日経平均株価は、

安値… 1万9,728円
高値… 2万5,330円

と計算されます。


安値は一部テールリスクの発現を含めた価格となっていますが、ここ数年は政治、経済ともに不確実性が高まっているため、注意喚起の意味も込め、ここでは修正はせず、算出されたこの価格を予測値としたいと考えています。(執筆者:土井 良宣)

《土井 良宣》
この記事は役に立ちましたか?
+0

関連タグ

土井 良宣

土井 良宣

元日本銀行員で、現在独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍しています。一般的なファイナンシャルプランナーと異なり、マクロ経済分析をベースとした運用アドバイスを独立した立場から行っています。また、相続や保険・家計の見直しのご相談も承っております。 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集