※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

契約件数No.1の「アフラックのガン保険」を分析 保障内容と3つのポイント

保険 生命・医療保険
契約件数No.1の「アフラックのガン保険」を分析 保障内容と3つのポイント

日本初となるがん保険を開発した会社は、アメリカンファミリー生命保険、米国ジョージア州で創業しました。

「アメリカン ファミリー ライフ アシュアランス カンパニー オブ コロンバス」の頭文字をとって、そう、アフラックです。

以降、がん保険のパイオニアとして契約件数No.1を誇ります

アヒルや嵐の桜井さんのCMで知っている方も多いことでしょう。

アフラック

≪画像元:アフラック

アフラックのがん保険

アフラックでは今までに以下のようながん保険を販売してきました。

20年以上も前の商品をいまだに継続されている方もみかけます。

がん保険
スーパーがん保険
がん定期保険
スーパーがん定期保険
21世紀がん保険
がん保険f(フォルテ)
生きるためのがん保険Days
新 生きるためのがん保険Days
優しいがん保険
生きるためのがん保険寄りそうDays など

アフラックのがん保険の保障内容

保障内容は歴代の販売商品によりまちまちですが、おおむね以下のようなものが組み合わさってできております

がん診断給付金
がん診断給付年金
がん入院給付金
がん通院給付金
がん手術給付金
がん死亡保険金
がん先進医療給付金
ライフサポート年金
在宅療養給付金
在宅緩和ケア給付金
放射線治療給付金
抗がん剤治療給付金
再発・長期治療給付金
特約MAX
女性特約

また、個人個人の契約形態以外にも家族型があることが特徴です。

1つの契約に配偶者やこどもまで保障されることになっており、いまだに契約を継続されている方もいらっしゃることでしょう。

主たる契約者が亡くなっても従たる被保険者が保障を受けることができるケースもありますが、保険料は2人の時のままの扱いになることもあります。

仕組み上のことでいえば、65歳から保障額が半額になったり、保険料が半額になったりと契約により内容はさまざまです。

アフラックのがん保険のポイント

がん保険のポイント

・ 診断給付金は悪性新生物と上皮内新生物で受け取れる金額が異なる
・ がんに対し、総合的に保障してくれる商品である
・ 再発の場合の取り扱い
・ 掛け捨てか貯蓄型か
・ 古い契約に特約をカスタマイズ
・ がんを経験した人でも加入できる場合がある
・ 郵便局オリジナルプラン

中でも大切なポイントを以下3つあげさせていただきます。

1. 診断給付金

悪性新生物が100万円の場合、上皮内新生物は10分の1にあたる10万円になっているのが原則です。

他社商品の中には同じ100万円もらえる商品があります。

2. 総合保障の商品である

がんでの入院や手術、抗がん剤や放射線、緩和ケアや先進医療、通院や診断時など多彩なバリエーションで給付金を受け取ることができる総合保障タイプの商品です。

保障は幅広ですが、該当しないと受け取ることができませんので、そこをどう考えるかが大切です。

個人的には医療保険でも入院や手術、放射線は給付金が出ますので、がんと診断された時に受け取ることができる給付金だけでも良いのではないかと考えます。(アフラックはがん診断給付金のみのプランを作ることができません)

3. 再発の場合の取り扱い

がんには再発のリスクもあります。

アフラックの商品の中には診断給付金が1回しか受け取ることができないものも存在します。

また、複数回受け取ることができても、5年に1度や2年に1度が上限になっていることもあります

最新のがん保険マーケットでは1年に1度、何度でも、という条件がトレンドになりつつあります。

内容はしっかり見極めましょう

契約件数No.1という実績は素晴らしいことだと思います。

しかし、それには会社の販売方法やマーケティングやブランディングによる効果も少なからずあることでしょう。

がん治療は時代とともに変貌を遂げ変化し続けています。

どのような商品でも内容をしっかり見極めることが肝要です。(執筆者:永島 隆)

《永島 隆》
この記事は役に立ちましたか?
+2

関連タグ

永島 隆

永島 隆

外資系保険会社、乗合代理店、個人代理店店主と様々な立場で生命保険のコンサルティング営業に携わる。地場のラジオ番組出演や情報誌へのライティング実績あり。COTなどのトップセールスよりノウハウを教わる。約款を踏まえた保険商品の選定から保険の機能や使い方などに精通した【生命保険特化型】FP。生命保険協会認定FP、日本FP協会認定AFP。 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集