※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

スマホの液晶画面を破損した筆者 町の修理店の金額・メリットとデメリット

ビジネス 社会
スマホの液晶画面を破損した筆者 町の修理店の金額・メリットとデメリット

先日筆者は、小さなヒビの入っていたiPhoneを落とし、ヒビから衝撃が伝わり画面が全壊してしまいました。

表面のガラスフィルムが割れているだけなら問題ないのですが、液晶本体が割れてしまっている場合、そのまま放置しておくと液漏れやそれ以上の故障の原因となってしまいます。

「修理するのに、どこで頼むのが1番安くて効率が良いのか」を調べたので、今後スマホ修理を考える方のために紹介します。

スマホを落としただけなのに

スマホの液晶割れを安く直す

スマホの修理=メーカーに頼むと高い

というイメージがあります。

そのため、安い町の修理店につい走りたくなってしまいますが、スマホが壊れたらまずは

キャリアの保証に入っていないかを確認

しましょう。


各キャリアが提供している主な保証

・ au:故障紛失サポート

・ docomo:ケータイ補償サービス

・ oftBank:あんしん保証パック、あんしん保証パックプラス

どれも有料保証ではありますが、万一の際にはユーザー負担の上限額が3,000~5,000円で修理を受けられる設定がされていますが、どれもが「自然故障」に対しての保証のため、落として割れた画面への適用は難しいのです。

iPhoneユーザーでしたら、Appleによる「AppleCare+ for iPhone」という独自のサービスが準備されており、こちらは画面割れも対象のようです。

加入時に一括で1万円以上支払わくてはならずお財布には痛手ですが、画面割れ修理は3,400円、その他修理も1万1,800円で対応してもらえます。

バッテリーやアクセサリなど、iPhoneに付随するアイテムも保証してくれる制度のため、iPhoneユーザーには安心の内容です。

上記の保証に加入しており、なおかつ故障内容が保証に適用されるのであれば、活用した方がお得だといえます。

未加入 or 保証対象外修理で「正規店」に修理依頼

内容や機種にもよりますが、1~2万円前後見ておいた方が無難です。

appleでは、iPhoneXが画面割れを起こした場合、保証未加入者の修理費用は3万1,800円と公表しています。

それ以外の修理でも、iPhone製品は修理代が5万円を超える場合も多くあるようです。

iPhoneの画面割れをそのままにしておくユーザーが多い理由が、よくわかる金額内容です。

保証に未加入・修理店に依頼

正規店での修理ではなく町の修理店に依頼する場合には、画面割れなら4,000~1万円前後で修理可能です。

その他の修理も、正規店に依頼する金額の半額前後に抑えられるようです。

筆者は何の保証にも入っておらず、自然故障ではないので、修理店で直してもらいました。

結果に満足していていますが

「ちょっと軽はずみだったかな」

と反省する点もいくつかあるため、メリットとデメリットを挙げて説明します。

直ったけどいろいろと不安

町の修理店のメリット

修理店に依頼した場合のメリットは、何といっても価格の安さと修理スピードです。

価格は正規店の半分前後、画面修理程度なら1時間ほどで終わります

本体が壊れていなければ、データの保持をしたまま修理が行えるのも魅力です。

町の修理店のデメリット

1度でも修理店に依頼をしてしまうと正規店の保証対象外となってしまうリスクが伴います。

たとえば修理後に他の箇所に不具合が生じ、正規店での修理保証が受けられる内容であっても、「改造品」と判断され実費負担となってしまいます。

さらに技術面にも不安があり、修理後再び不具合が生じたという話もあるようです。

筆者が依頼した町の修理店では、9,400円でiPhone8の液晶交換修理を請け負ってくれました。

しかし、正規の液晶を使っていないため

IOS更新に対応できない可能性がある

・ iPhone8は防水液晶だが、交換品は防水ではない

・ 機種変更をする際、端末下取りをメーカーに拒否される可能性がある

など、技術面も含めさまざまなリスクも指摘されました。

安さと早さに魅力を感じ、上記内容にも納得したつもりでしたが、やはり不安は残ります。

正規店のメリット

正規店のメリットは、町の修理店が抱えるリスクを一掃するものです。

技術面での安心はもちろん、今後の保証サービスも継続できるのはうれしいポイントです。

正規店のデメリット

金額面と修理期間の長さが挙げられます。

修理期間は長ければおよそ1か月程度かかります。

その間、代替機を提供してくれますが、代替機が故障した場合は全額負担となるケースもあるため注意が必要です。

さらにメーカーでは見積もり段階で初期化をしなくてはいけない場合がほとんどなため、ユーザー側のバックアップが必須です。

町の修理店のメリット・デメリットと真逆ですが、金額と安心どちらに重きを置くかは個人の判断です。

自身にとってどちらが安心でリスクが低いと思えるか、よく比べてみて判断してください。

まずは保証加入のチェックが必須

スマホが壊れたからといって、慌ててメーカー修理・町の修理店に駆け込む必要はありません。

まずは加入している保証をチェックし、未加入の場合にはざっくりでも良いので、販売店にどのくらい費用・期間がかかりそうか問い合わせてみましょう。

そのうえで修理店との天秤にかけ、どちらがベストか判断してください。(執筆者:遠藤 舞衣)

《遠藤 舞衣》
この記事は役に立ちましたか?
+0

関連タグ

遠藤 舞衣

遠藤 舞衣

主婦であり母、さらにライターとしても活動しております。主婦として限られた収入で家族が豊かに暮らす方法を、母として子供が充分な教育を受ける最良の方法を、ライターとして多くの読者の方が、知って良かった、と思える情報をいつも探してきました。ご家庭ですぐに活かせるような知識、情報を発信していきます。 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集