※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

【マイナポイント】たった5分のスマホ申請で1万5000円分もらえる 申請手順を画像付きで詳しく解説

節約・ポイ活 キャッシュレス
【マイナポイント】たった5分のスマホ申請で1万5000円分もらえる 申請手順を画像付きで詳しく解説

6月30日よりマイナポイント第2弾が始まり、盛り上がりを見せています。

筆者の場合、第1弾の時は対応端末を持っておらず、市役所に駆け込んでパソコンから申請しました。

ポイントのためとは言え少し面倒だと感じたのですが、今回iPhone12から申請したところ、5分で完了し翌日には1万5,000円が付与されたのです。

拍子抜けするほど簡単だったので、今回は対応端末を持っている場合の申請手順を画像付きで解説します。

家族分も同じ端末から申請できるので、ぜひ参考にしてください。

マイナポイント

マイナポイントがスマホだけで申請できる対象端末

マイナポイントのスマホ申請に対応しているのは、iPhoneならiPhone7以降、Androidならおサイフケータイに対応した端末です。

Androidの場合、端末の裏に下記のようなおサイフケータイのマークが付いているため、お手持ちのスマートフォンを確認してみてください。


≪画像元:FeliCa Networks

対応していればスマホだけで申請できますが、古い端末だと読み取りに時間がかかるとの声もあります。

詳しい対応端末は、以下の公式サイトに書かれているので確認してみてください。

申請する前に準備するもの

マイナポイントを申請する前に、以下のものを準備しておきましょう。

・ マイナンバーカード

・ 4桁の暗証番号

・ 登録用の口座


申請にはマイナンバーカードの他に、「利用者証明用電子証明書暗証番号」という4桁の番号と、登録用の口座が必要です。

暗証番号はマイナンバーカードを取得した際に決めたものですが、わからなければ市役所のマイナンバー窓口に問い合わせてください。

マイナポイントの申請手順

マイナポイントの申請方法は以下の通りです。

1. 「マイナポータル」アプリをダウンロードしてログイン

2. 健康保険証の利用に申し込む

3. 給付金受け取り用の口座を登録する

4. 「マイナポイント」アプリをダウンロードして、申請する

5. マイナポイントを受け取る

上記の方法は自分と子供2人を申請して、一番スムーズだと思った手順です。

なお申請時に認証の要求が多いため、机の上にマイナンバーカードを置いて、その上にスマホを置いて操作すると楽でした。

検出エリアはiPhoneなら端末上部、Androidは端末によって異なり、FeliCaマークの場所辺りにあります。

では手順を紹介します。

手順その1:「マイナポータル」をダウンロードしてログイン

まず最初に、こちらのサイトからマイナポータルアプリをダウンロードします。

「マイナポータル」をダウンロードしてログイン

アプリを開きトップ画面上部の「ログイン」をタップ、ログイン画面になるのでもう一度「ログイン」をタップします。

ログイン画面になるのでもう一度「ログイン」

4桁のパスワードを入力し「次へ」をタップ、上記の画面になるので「読み取り開始」をタップします。

なお画像はiPhoneでの操作のため、Androidの場合画像が異なると思われます。

右上に「ログイン中」と表記されれば完了

読み取りが完了し、右上に「ログイン中」と表記されれば完了です。

手順その2:健康保険証の利用に申し込む

マイナンバーカードを保険証として利用できるよう、申込みをします。

この登録で7,500ポイントがもらえます

健康保険証の利用に申し込む

ログインした状態で、真ん中のバナーを横にスクロールし「マイナンバーカードが健康保険証として利用できます」をタップ、規約を確認して「同意して次へ進む」をタップします。

同意して次へ進む

指示を確認の上「申し込む」をタップ、その後暗証番号を入力し、先ほどの手順でログインします。

私の場合マイナンバーカードを発行した時に保険証として使う登録をしたため、画像を撮影できなかったのですが、指示に従い保険証の利用申込を済ませてください


登録が終わると「正常に受け付けました」と表示されます。

手順その3:給付金受け取り用の口座を登録する

次に給付金受け取り用の口座を登録します。

口座は本人名義のみなので、お子様分を登録する人は、子供名義のものを準備しましょう。

この登録で、7,500ポイントがもらえます

受取口座を登録しておく

トップページの「給付金等の受取口座を予め登録しておくことができます」をタップし、内容を確認して「マイナンバーカードを読み取る」とタップします。

口座情報を入力

マイナンバーカードを読み取らせたら「確認する」、「口座情報を登録する」と進みます。

口座情報を登録する

指示に従い操作しながら、本人情報や口座情報を入力して行きます。

指示に従い操作

最後に登録を確認し、「登録する」をタップすれば口座情報の登録完了です。

手順その4:「マイナポイント」アプリをダウンロードして、申請する

口座と保険証の登録が完了したら、いよいよマイナポイントの申請です。

申請には、「マイナポイント」アプリが必要なので、こちらのサイトからダウンロードしてください。

「マイナポイント」アプリが必要

マイナポイントアプリを開き「申込む」をタップすると、マイナンバーカード読み取り画面になります。

「はじめる」→「パスワード入力」と進み、マイナンバーカードを読み取りましょう。

マイナンバーカードを読み取りましょう

「健康保険証としての利用申込み」「公金受取口座の登録」両方にチェックを入れて、「2つ選んで次へ」をタップします。

受け取り確認

決済事業者を選びます。

今回は、第1弾の時と同様にau PAYに申し込みました。

事業者を変えたい場合は「修正」より変更できます


申請が初めての人や、事業者を第1弾と変える場合、上記のような決済サービス情報の入力画面になります。

なお家族分も同時に申請する人は、同じ事業者に複数人分の登録はできません

一度申請すると取り消しできないので、どのポイントにするかしっかり検討してから申し込みましょう。

しっかり検討してから申し込みましょう

最後に内容を確認し、規約に同意して申し込めば完了です。

手順その5:マイナポイントを受け取る

申込みが終わったら、マイナポイントの付与を待つだけです。

いつ頃付与されるかは、決済事業者によって異なります。

筆者の場合、自分をWAON、子供をau PAYとPayPayで申し込みました。

申請するタイミングによっても違うと思われますが、au PAYとPayPayは翌日には付与され、早さにとても驚きました。

ただWAONは付与が遅く、7月申込みの人は8月3日以降になるとのことです。

私は8月3日以降になることを知らなかったため、何か間違えたのかと不安になってしまいました。

いつもらえるかも事前に確認しておくことをおすすめします。

端末を持っているなら、申請しないともったいない

対応端末を使った、マイナポイントの申請方法を紹介しました。

たったの5分で最短翌日には1万5,000円もらえるので、対応端末がある人は申請しないともったいないです。

当記事を参考に、ぜひマイナポイントを申請してください。(執筆者:西本 衣里)

《西本 衣里》
この記事は役に立ちましたか?
+172

関連タグ

西本 衣里

執筆者: 西本 衣里 西本 衣里

無駄のないポイ活を常に研究している主婦。ポンタと楽天メインだが、大量ポイントゲットのチャンスがあればどんなポイントも使いこなす。過去最高は月に1万ポイント。激辛好き。 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集