※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

国民年金保険料の「スマホ決済納付」が解禁 お得なのか徹底検証

節約・ポイ活 キャッシュレス
国民年金保険料の「スマホ決済納付」が解禁 お得なのか徹底検証

スマホ決済では、紙の請求書を使った支払いが可能です。

このたび、国民年金保険料の納付もスマホ決済でできるようになりました。

非常に便利そうですが果たしてお得なのか、徹底検証します。

国民年金保険料

2023年2月より、国民年金保険料のスマホ決済が解禁

国民年金保険料のスマホ決済が解禁≪画像元:ビリングシステム

2023年2月より、国民年金保険料のスマホ決済が解禁されました。

これまでは現金払い、口座振替、クレジットカードなどの支払い方法でしたが、ここにスマホ決済が加わる形です。


≪画像元:日本年金機構

日本年金機構発行の国民年金保険料の納付書に印字された、コンビニ収納用のバーコードをスマホ決済のカメラ機能で読み取ることで、ビリングシステム株式会社の「PayB API」を通じて納付します。

コンビニのレジに行ってもスマホ決済での納付ができませんので、間違えないでください。

30万円を超える金額の納付書、延滞金納付書といったバーコードが印字されない納付書については、スマホ決済を利用できません

対象のスマホ決済

対象のスマホ決済
≪画像元:日本年金機構

対象のスマホ決済は、auPAY、d払い、PayB(PayBと提携している各金融機関が提供する決済アプリを含む)、そしてPayPayです。

楽天ペイも、4月17日の請求書払いサービス開始とともに、国民年金保険料の納付に対応の予定です。

口座振替・クレカによる納付のお得度をチェック

国民年金保険料は、多くの方法で納付できます。

その中でスマホ決済を選ぶからには、利便性とともにお得度も考慮する必要があります

スマホ決済による納付はお得なのか、まずは割引のある他の納付方法について、1年前納でどれだけお得か見ましょう。

【口座振替】1年前納で4,150円お得

1年前納で4,150円お得

≪画像元:日本年金機構

口座振替で納付すると、振替方法に応じて以下のようにお得になります。

・ 2年前納:38万5,900円

・ 1年前納:19万4,090円

・ 6か月前納:9万7,990円

・ 当月末振替(早割):1万6,470円

1年前納の場合、毎月納付より4,150円(月345円程度)お得です。

【クレジットカード】1年前納で「3,520円+クレカのポイント」お得

3,520円+クレカのポイントお得に
≪画像元:日本年金機構

クレジットカードで納付しても、振替方法に応じて以下の割引があります。

・ 2年前納:38万7,170円

・ 1年前納:19万4,720円

・ 6か月前納:9万8,310円

1年前納の場合、毎月納付より3,520円(月293円程度)お得です。

口座振替より割引額は少ないですが、クレカのポイント還元によっては口座振替よりもお得になります。

スマホ決済による国民年金保険料の納付はお得か

国民年金保険料納付が可能なスマホ決済は、現在のところPayPay、au PAY、d払い、PayBの4つです。

スマホ決済による国民年金保険料の納付はお得なのか、ここからはスマホ決済のお得度をチェックしましょう。

【au PAY】3月までは0.5%(1年前納で973ポイント)還元、4月からは「たぬきの抽選会」対象に

4月からは「たぬきの抽選会」対象
≪画像元:KDDI

紙の納付書を使って、au PAYで国民年金保険料の納付ができます。

その際に利用可能な支払い元は「au PAY残高」のみで、クレカや電話料金合算払いでは利用不可です。

また、au PAY残高へのチャージでポイント還元されるクレカも豊富です。

3月までは請求書支払いで0.5%還元されますが、1年前納で973ポイント程度還元される計算です。

4月以降はポイント還元が廃止されますが、4月5日よりau PAY(請求書支払い)も「たぬきの抽選会」対象となります。

【d払い】ポイント還元なし

ポイント還元なし
≪画像元:NTTドコモ

紙の納付書を使って、d払いで国民年金保険料の納付ができます。

その際に利用可能な支払い元は「d払い残高」のみで、クレカや電話料金合算払いでは利用不可です。

請求書支払いでdポイントは貯まらず、ドコモユーザーがd払いで最大3%還元される「d払いステップボーナス」のカウント対象にもなりません

d払いで納付しても、うまみはなさそうですね。

【PayB】支払い元のクレカの還元はあるかも(還元率1%クレカでの1年前納で1,940ポイント)

支払い元のクレカの還元はあるかも
≪画像元:ビリングシステム

紙の納付書を使って、PayBで国民年金保険料の納付ができます。

対応する支払い元は、クレジットカード:Visa、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナース、銀行:41、信用金庫:8、JA バンク:584です。

詳しくはこちらをご覧ください。

請求書支払いでポイント還元はありませんが、支払い元に設定したクレカのポイントは貯まるかもしれません。

1%還元のクレカを支払い元にして1年前納すれば、1,940ポイント還元される計算です。

【PayPay】ポイント還元はないが「PayPayステップ」のカウント対象

ポイント還元はないが「PayPayステップ」のカウント対象
≪画像元:PayPay

紙の納付書を使って、PayPayで国民年金保険料の納付ができます。

その際に利用可能な支払い元は「PayPay残高」で、支払い元をあと払いにしている人は、残高へチャージしてから利用してください。

支払い元をクレカに設定していると、利用できません

請求書支払いでPayPayポイントは貯まりませんが、PayPayステップの「支払い回数・金額」のカウント対象です。

【楽天ペイ】楽天カード → 楽天キャッシュで0.5%還元(1年前納で973ポイント)

楽天キャッシュで0.5%還元
≪画像元:楽天ペイメント

4月17日より、紙の納付書を使って、楽天ペイで国民年金保険料の納付ができる予定です。

その際に利用可能な支払い元は「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」です。

請求書支払いで楽天ポイントは貯まりませんが、「楽天カード → 楽天キャッシュ」へチャージすると0.5%還元されます。

1年前納したとすると、973ポイント程度還元される計算です。

また、楽天キャッシュへチャージできる「楽天ギフトカード」をコンビニなどで購入の際、支払い方法によってはそのポイントを貯められるかもしれません。

楽天ポイントも使えるとのことですが、期間限定ポイントも使えるとうれしいですね。

口座振替・クレカ納付が基本的にはお得

国民年金保険料のスマホ決済による納付が、2月より解禁されました。

いつでもどこからでも納付できて便利ですが、お得度でいえば口座振替・クレカ納付が上です。

うっかり納付忘れのリスクもあります。

手持ちのクレカで納付してもポイントが貯まらない、毎月納付で割引がないなど、事情がある人のみ利用するといいでしょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)

《角野 達仁》
この記事は役に立ちましたか?
+33

関連タグ

角野 達仁

執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁 角野 達仁

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集