※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

「吉野家」今秋も値上げ「すき家」は値下げ 値上げ後もお得に食べる提案、キャンペーンも

節約・ポイ活 節約・ポイ活
「吉野家」今秋も値上げ「すき家」は値下げ 値上げ後もお得に食べる提案、キャンペーンも

吉野家は、2021年、2022年に続き、今年も10月に価格改定を実施します。

これにより、10月2日(月)より、牛丼を含む丼メニューの価格が引き上げとなります。

同じ牛丼チェーン店の「すき家」はサブスク利用で実質値下げです。

吉野家とすき家では、どれくらいの価格差が生じるのでしょうか

値上げ後でも、吉野家をお得に食べるためには、キャンペーンの利用がおススメです。

現在開催中のキャンペーン「早起きで200円得するキャンペーン」を利用し、2食で1,000円以下の組み合わせを紹介します。

※記事内の表記価格はすべて税込

「吉野家」今秋も値上げ「すき家」は値下げ

10/2~吉野家「価格改定」で丼・定食を値上げへ

吉野家「価格改定」で丼・定食を値上げへ

≪画像元:吉野家(pdf)≫

吉野家では、3年連続で秋の値上げを実施します。

価格改定日:2023年10月2日(月)14:00~

一部メニューを除き、最大20円価格を引き上げます。

対象メニュー・価格

〈店内飲食価格〉

牛丼並盛;448円 → 468円(+20円)

丼小盛:本体価格に8円加算 → 9円加算(+1円)

※対象商品 … 牛丼/牛カルビ丼/豚丼

丼並盛・大盛・特盛・超特盛:本体価格に18円加算 → 20円加算(+2円)

※対象商品 … 牛丼/牛カルビ丼/豚丼/定食

〈テイクアウト価格〉

牛丼並盛;440円 → 460円(+20円)

丼小盛:本体価格に8円加算 → 8円加算(据え置き)

※対象商品 … 牛丼/牛カルビ丼/豚丼

丼並盛・大盛・特盛・超特盛:本体価格に18円加算 → 20円加算(+2円)

※対象商品 … 牛丼/牛カルビ丼/豚丼/定食

看板商品の「牛丼並盛」は、店内利用・テイクアウトどちらも20円の引き上げとなります。

その他、並盛サイズ以上の定食については、一律18円

小盛の一部丼メニューは、店内飲食に限り1円加算です。

すき家は10月も「Sukipass」販売で値下げ

定食の「ライスおかわり無料」は吉野家の強み

≪画像元:すき家

吉野家が値上げする一方、牛丼御三家の「すき家」では恒例のサブスクを販売します。

その名も「SukiPass(以下すきパス)」。

期間中、対象商品を何度でも1品70円引きで購入できる、お得なパスポートです。

使用期間:2023年10月1日(日)9:00~10月31日(火)23:59

特典内容:牛丼・カレー・牛カルビいつでも70円引き

販売価格:税込200円(アプリ・カード)

使用条件:1回の会計で3食まで割引、テイクアウト可

なくなり次第販売終了

〈対象外商品〉

牛皿・牛皿定食・カレールー単品・牛カルビ・牛カルビ定食

※牛丼ライト/お子様牛丼/お子様カレー/牛丼のランチメニューは対象

1回につき3品までの制限はあるものの、月末までなら何回でも割引が使えます

すきパスの価格は200円なので、3品購入すれば元とれです。

すき家に足を運ぶ機会が少ない人でも、3品以上買えばたった1回の来店で得します。

ただし、1回の来店で会計を分けてすきパスを使うことはできません。

値上げの吉野・値下げのすき家、その差は…?

10月、吉野家とすき家の牛丼価格はどれくらいの差がつくのでしょうか。

店内利用の「牛丼並盛」価格を比較します。

吉野家「牛丼並盛」:468円

すき家「牛丼並盛」:330円(通常価格400円-すきパス割引70円)

すきパスの割引を含めると、すき家は330円。

吉野家との差は、138円にもなります。

牛丼1杯でこの差だと、家計のことを考えれば迷わずすき家を選ぶでしょう。

定食の「ライスおかわり無料」は吉野家の強み

定食の「ライスおかわり無料」は吉野家の強み

≪画像元:吉野家

10月に値上げをしても、「吉野家離れ」を決めるのはまだ早いです。

吉野家では、店内利用で定食を注文した方を対象に「ライスおかわり無料サービス」を行っていますが、10月以降も継続で実施します。

一方すき家には、ライスおかわり無料のサービスがありません

吉野家「牛皿定食(並盛)」:635円

→ ライス大盛・おかわり無料

すき家「牛丼定食(並)」:550円(通常価格620円-すきパス割引70円)

→ ごはん大盛+30円・ごはんミニ-30円

ごはん単品 並160円/ミニ130円/大盛200円

「牛皿定食(並)」の価格は吉野家が85円高いものの、すき家はごはん大盛に変更するだけで30円かかります。

さらに、ごはんをおかわりする場合は、並1杯で160円の加算です。

ごはん大盛1杯で済む方はすき家が安上がりですが、ごはん1杯でもおかわりするのなら吉野家の方が割安になります。

ごはんをお腹いっぱい食べたい人は、割引が使えるすき家ではなく、今後も吉野家を利用した方がお得です。

ただし、定食のごはん増量・おかわり無料サービスについては、一部実施していない店舗もあります。

詳しくはこちらの店舗一覧から確認してください。

キャンペーン情報もこまめにチェックを

値上げしたからといって、「吉野家を使わない」と宣言するのは損です。

ライス増量・おかわり無料サービスのほか、吉野家はキャンペーンの開催も充実しています。

10月は以下のキャンペーンを実施中です。


・ 朝食べたら昼か夜が200円オフ(12/11まで

・ Yahoo!プレミアム会員限定「5%戻ってくる」PayPayクーポン(10/31まで

・ 100人に1人「楽天ポイント100倍」が当たる(10/31まで

・ 吉野家の達人「牛ポ!ドンドンまつり」(11/7まで


2か月半のロングラン「朝食べたら昼か夜が200円オフ」に

【9月26日~12月11日】朝活クーポンキャンペーン

≪画像元:吉野家

吉野家では、9月26日(火)より「朝食べたら昼か夜が200円オフ」キャンペーンを実施中です。

開催期間:2023年9月26日(火)~12月11日(月)

・レシートクーポン発行時間:毎日4時~11時

・レシートクーポン有効期間:発行当日の24時まで

内容は、今年2月に実施していた「朝活クーポンキャンペーン」とまったく同じ。

朝4時~11時に300円以上の会計をすると、その日の24時まで使える「200円クーポン」が発行されます。

つまり、1日2食を吉野家でまかなうことが大前提です。

クーポンの利用について、昼か夜かは問いません。

店内利用はもちろん、テイクアウトでもキャンペーンの対象です。

「2食で1,000円以下」になるおすすめの組み合わせ

200円引きクーポンを使うことで、1日2食で税込1,000円以下に抑えることも可能です。

参考までに、筆者おすすめの組み合わせをまとめました。

※記事内の表記価格はすべて税込み、店内利用の価格です

牛丼並盛 448円牛皿定食 635円
納豆定食 410円割引後658円割引後845円
納豆牛小鉢定 448円割引後696円割引後883円
ハムエッグ納豆定食 448円割引後696円割引後883円
朝牛セット 510円割引後758円割引後945円
焼鮭定食 510円割引後758円割引後945円
ハムエッグ牛小鉢定食 547円割引後795円割引後982円
Wハムエッグ納豆定食 547円割引後795円割引後982円
特朝定食 610円割引後858円
Wハムエッグ牛小鉢定食 646円割引後894円
焼魚牛小鉢定食 646円割引後894円

朝定食の最安メニュー「納豆定食(410円)」なら、牛丼並盛と合わせて2食にしても、200円引きを含めて税込み658円。

2食分と考えれば、かなりお手頃だと感じます。

2つのおかずを楽しめる「W定食」は1,000円を超えてしまいますが、6~700円台の牛皿定食・焼肉・牛鮭定食などは、組み合わせ次第で2食合わせても1,000円以下に収まります。

200円引きクーポンの注意点

テイクアウトスマホオーダー、デリバリーからの注文は対象外

持ち帰りで利用する場合は、電話予約か店頭にて注文してください。

1日1回限り、1会計1枚まで有効

レシートクーポンは、1会計につき1枚しか使えません。

複数人で来店し、レシートも複数枚使う場合は、会計を分けましょう。

他クーポン、割引との併用は不可

公式アプリクーポンを含む、すべての割引と併用ができません。

200円引きクーポンは当日24時を過ぎると使えなくなりますので、優先的に利用することをおすすめします。

レシートの紛失にはご注意を

「朝食べたら昼か夜が200円引き」キャンペーンは、会計後のレシートにクーポンがついています。

そのため、レシートの紛失やもらい忘れをしないよう注意してください。

利用する店舗は同一である必要はありませんが、一部キャンペーン対象外の店舗もあります。

レシートクーポン発行店舗については、吉野家公式サイトから確認してください。

キャンペーンのほか、公式アプリやニュースアプリから割引クーポンを配信している場合もあります。

価格改定後もお得情報を集めながら、牛丼チェーン店をうまく使い分けてください。(執筆者: 三木 千奈)

《三木 千奈》
この記事は役に立ちましたか?
+16

関連タグ

三木 千奈

執筆者: 三木 千奈 三木 千奈

子ども3人のママライターです。 業務スーパー歴は20年。貯金、節約、キャッシュレス、ふるさと納税などのマネー系を中心に執筆しています。 お得なものをムダを省き、「楽しくラクに暮らすこと」がモットー。 知っているとお得な情報や節約に役立つ豆知識をお届けします。 〈保有資格〉クリンネスト1級、節約生活スペシャリスト、整理収納アドバイザー2級 〈TV出演〉2022.5.1 Mr.サンデー/2022.11.10 テレビ静岡「ただいま!テレビ」 〈雑誌出演〉2022.8.30 女性自身/2022.9.27 週刊フラッシュ/2022.10.25 女性自身/2022.11.1 女性自身/2022.12.1 女性セブン/2023.9.28女性セブン/2023.12.26 週刊フラッシュ 〈Web出演〉2023.4.18メルカリマガジン 寄稿者にメッセージを送る

今、あなたにおススメの記事

特集