※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事【30名に1000円分のQUOカードプレゼント】マネーの達人LINEアカウントを登録して1,2分のアンケートに答えるだけ!

横山 和美の記事一覧

横山 和美

横山 和美

海外在住の弁護士ライター。弁護士としての知識と経験を活かしてフリーライターとして活動しています。分かりにくい法律問題を分かりやすく解説します。あらゆるマネー術を駆使して年間数十万円は得しているというパートナーに影響されて、最近は私もマネー術を研究中です。 寄稿者にメッセージを送る

【相続財産が債務超過】特定財産だけの遺贈を受けて、債務を免れることは可能なのか 画像
税金

【相続財産が債務超過】特定財産だけの遺贈を受けて、債務を免れることは可能なのか

相続財産が債務超過になっていても、特定の財産だけ遺贈を受けておいて、その後に相続放棄できるならプラスの財産だけをもらうことができそうですよね。 しかし、本当にそのような都合のよいことができるのでしょうか。 この記事では、

+0
相続人に特定の財産を譲る「特定財産承継遺言」のメリットと注意点 画像
税金

相続人に特定の財産を譲る「特定財産承継遺言」のメリットと注意点

「この土地と建物だけは確実に長男に譲りたい」 このように、特定の財産だけを特定の相続人にのこす場合には「特定財産承継遺言」を活用できます。 今回は「特定財産承継遺言」とは具体的にどのような遺言なのか、「特定財産承継遺言」

+0
【弁護士が解説】事実婚の税金・相続上のデメリットと「うまくカバーする方法」4つ 画像
税金

【弁護士が解説】事実婚の税金・相続上のデメリットと「うまくカバーする方法」4つ

昨今は結婚のかたちも多様化してきており、事実婚を選ぶ夫婦も増えています。 しかし、現在の法制度は法律婚の夫婦であることを前提とした制度が多いため、事実婚には一定のデメリットもあります。 とはいえ、このデメリットもうまくカ

+1
【揉めない相続】海外にも資産のある場合は、双方で「遺言書」を作成しておきましょう 画像
税金

【揉めない相続】海外にも資産のある場合は、双方で「遺言書」を作成しておきましょう

海外と日本の双方で資産を持っている場合、どうやって遺言を書いておけばいいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。 実は、適切な遺言を作成していなかったばかりに、相続人が相続手続きで苦労してしまうケースはよくあります。

+0
【国民年金】海外移住する場合にどうなるのか 「手続き」「将来もらえる年金額」と注意点 画像
税金

【国民年金】海外移住する場合にどうなるのか 「手続き」「将来もらえる年金額」と注意点

海外に移住するとこれまでかけ続けてきた日本の年金はどうなってしまうのかが心配です。 そこで、本記事では、海外に移住する場合にしておくべき「手続き」と「将来もらえる年金額」について説明します。 加入期間を確保 公的年金をも

+0
「海外在住フリーランス」の確定申告 海外で日本円を稼ぐと税金はどこに納めるのか 画像
税金

「海外在住フリーランス」の確定申告 海外で日本円を稼ぐと税金はどこに納めるのか

最近は自由な働き方をする方が増え、中には海外に住みながら日本の企業から報酬を得ているフリーランスの方もいます。 しかし、この場合税金は居住国あるいは日本のどちらに納めればいいのでしょうか。 原則は居住国に納税 海外在住者

+10