抗がん剤、保険適用拡大

本日の日経新聞に載っていました。

これ結構すごいニュースです。

現在、抗がん剤の研究は欧米の製薬会社が中心らしいです。

そして、欧米人に多い肺がんや大腸がんなどの治療薬は、

比較的早く開発されるとのこと。

そういった薬を使えるようになるとのことです。

具体的には、、、

まずは医療機関が抗がん剤の使用を、

国立がん研究センターに申請し、

審査を受けます。

ここで先進医療の1つとして認可されれば、

先進医療として使うことができ、

それ以外の治療費については、

健康保険で3割負担で済みます。

従来は保険外診療を行った場合、

それまで健康保険の3割負担で済んでいた金額も、

全額負担になってしまったため、

かなりの高額負担でしたが、

これで少しは和らぐことになりそうです。

その後、治療の効果が確認されれば、

抗がん剤の費用も含めて、保険適用の対象になるそうです。

あれあれ、、、

気づきましたか

そうです。まずは先進医療扱いなのです。

ということは、

先進医療の保険に入っていれば、

使える可能性がぐっと高まります。

逆に保険会社は、従来の保険料ではやってられない可能性があるため、

今もそういう傾向がありますが、

今後は値上げ、もしくは10年で更新するタイプにする可能性がさらに高まりそうです。

なので、これから保険を見直したい方、検討している方は、

今のうちに終身タイプの先進医療保険に加入するのが、

賢い方法かもしれませんね