先週ブログをアップすることが出来ませんでしたね。

大変申し訳ありません。

言い訳をさせていただくと、実はまた香港へ来ておりました。

その理由は最後に書くとしましょう。

・・・

7月1日は香港にとって特別な日です。

今から15年前に香港はイギリスから中国へと返還されました。

パッテン総督から江沢民主席が「香港統帥権」を引き継いだ時、

江沢民主席は、「一国二制、港人治港」(50年間一国二制度を貫き、

香港は香港人が自治を行う)を宣言。海運ビジネスで名を成した

同じ上海出身の香港人・董建華氏を、初代の行政長官(香港知事)に

任命しました。

「一国二制度」に関して、記念式典で演説した胡錦濤主席は、

今後もこの制度は変わらない事を約束しました。

しかし同日に香港政府トップに就任した梁振英(C.Y.リョン)氏が

「親中政権」ということもあり、民主化や自由を中国に

後退させられないよう圧力をかけるため、

40万人もの大規模なデモが展開されました。

今回香港を訪れた印象からすると、現在の香港は、

世界銀行が今年発表した調査でも、競争力部門、自由度部門で

トップに立っていますし、言論の自由が認められていますので

自由な空気を感じています。(デモが出来るくらいですからね。)

しかし、香港市民にとっては絶対的に中国を信じることのない

何かがあるのでしょうね。

・・・・

実は今回香港に来た理由というのは、香港でファイナンシャル・

アドバイザーとして活動をするために最終的な打ち合わせをしに

来たのです。

日本に比べ、香港には多数の金融商品が溢れており、手数料も安く、

また優秀なファンド等も多いのです。

前回香港に訪れた理由は、就職先探しもあるのですが試験を受けるためでした。

それに見事合格し、所属先の会社も決まったところです。

今後は香港という新天地でファイナンシャルアドバイザーとして活動を

させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。