お知らせです・・・・。

 6/17 リクルートSUUMO新築マンション 広島版に登場しました。
 6/19 リクルートsuumo新築マンション 千葉・茨城南版に登場しました。

 6/20 産経新聞出版社 ネットマネー に寄稿しています。
 6/27 夕刊フジ にコメントが掲載されました。

 今年もあと半年。
 マジな話、光陰は「矢」のようです。ぴゅーーー。

 そして、これからしばらくは、蒸暑、、、猛暑、、、、
 体力つけて、乗り切りましょう!!

 さて、、、先週、消費税の増税に関する法案が衆議院を通過しました。

 今後参議院で審議されますが、ほぼ決定といってもいいでしょう。

 私たちの生活への影響額がどれくらいあるかというと、現在の5%から8
%にアップすることで、年間5万円から15万円くらいになると思われます。

 消費税は、私たちの消費生活のほとんどの物品にかかります。
 生命保険料、損害保険料、家賃・地代、医療費、授業料などにはかかりま
せんが、その他の商品・サービスには、まあ、例外なくかかると考えていい
でしょう。

 影響額が5万円~15万円と幅があるのは、世帯によって、生活水準が異な
り、「生活費」が違うから。
 一般的には収入の多い人の生活費が高い傾向がありますね。

 自分の世帯の年間影響額をざっくりと計算するのは簡単です。

 支出のうち、保険料、家賃・駐車場代、住宅ローン返済金、医療費、授業料を除いた金額に、税率のアップ分である「3%」を掛ければいいのです。

 年間の支出額が200万円だったら、その3%は6万円になりますね。

 8%から10%にアップする際の影響額は、2%を掛ければいい。

 今後注意すべきことは、税率アップのスケジュール。

 5%から8%に上がるのは、2014年4月1日からです。約1年半後。
 8%から10%になるのは、2015年10月1日から。

 それぞれこの日から、「ポンっ」と上がります。

 大きな買い物をするつもりがあるなら、アップする前にしておいたほうがいいですね。

 たとえば、住宅。
 それから、自動車。

 さらには、結婚式や披露宴。

 ・・・・消費税がアップしても、祝儀がきっちり、その分だけアップする
とは思えませんしね。