借金の多い方は生命保険に加入すべきだと思います。保険金で借金を返済するということではありません。遺族の生活を補償するためです。

 大黒柱がした場合相続が生じます。相続はプラスの財産もマイナスの財産も包括的に承継するので、被相続人(死亡した人)に多額の借金があれば、相続人が借金を背負うことになります。借金を相続したくない場合は相続開始後3ヵ月以内に相続放棄をしなければなりません。

 相続放棄をした場合でも、生命保険金を受取ることができることをご存知でしょうか。遺族が受け取る保険金は契約に基づいて保険会社から受取人に支払われます。つまり、相続財産ではなく、受取人固有の財産なのです。

 したがって、相続の放棄をしても、保険金を受取ることができ、借金の返済に使う必要もないのです。借金の多い方は遺族の生活を守るために生命保険加入を考えてください。