厚生年金基金の脱退が、今後加速しそうな気配です。

という記事が日経新聞にて掲載されていました。

内容を簡単に説明すると、

厚生年金基金を辞めたいと長野建設業厚生年金基金に対し、

裁判を起こした業者が勝ったためです。

争点は「脱退の自由」が認められるかどうかでしたが、

通常「やむを得ない理由がある場合」には代議員会というところの決議で、

脱退できるのですが、今回できなかったため裁判になったとのことです。

今回勝てた理由としては、23億円超の使途不明金が発覚し、

横領の容疑で元事務長が指名手配されているからという事情も影響したようです。

ただ、判例が一度でるとその後もその判例を参考に判決するケースが多いので、

今後は脱退しやすくなるのではないかという考えです。

やはり、これからは個人でいかにお金を守っていくかが重要です。

ぜひファイナンシャルプランナーにお任せ下さい。

きっと家計が劇的に変わりますよ