最近は節電を筆頭にエコが注目されています。

エコ関連の株でバブルが起こるのも近いかな

なんて適当に考えているFP吉原です。

さて、経済産業省は来年度から節電システムを導入した大型マンションに、

システム導入費用の最大半額を補助するとの記事が日経新聞に掲載されていました。

そのシステムを使い、着実に節電できた場合には、

住民に報奨金を支払うとのこと。

システムの料金と報奨金の金額までは掲載されていなかったので、

費用対効果がどれくらいか不明です。

費用対効果を具体的に試算してから導入することが賢明だと思います。

これからはエコ関係の話がどんどん出てくる気がしますが、

見極めをしっかりしないと、とんだ貧乏くじを引かされる可能性もあるので、

みなさん注意してくださいね。