国土交通省は飛行機の着陸料の割引制度を全面的に見直すということです。

簡単に言いますと、

着陸料というのは、航空会社が着陸する空港に払うもので、

その着陸料は国が決めて、収入は国に入っています。

その割引を羽田から新千歳、福岡に飛ぶ便をやめるかわりに、

地方路線の割引を多くするということです。

地方に住んでいる人にとっては朗報ですが、

札幌、福岡に住んでいる方にとっては、料金が上がる可能性が高いので、

今後も注目が必要ですね。