日経新聞の日経生活モニターにて調査したところ、

相続に不安がある人の比率が35%に達しました。

そして、遺産を継ぐ立場の人の7割が期待を寄せている一方、

継がせる立場の8割超が遺言を用意していないという結果だったそうです。

日経新聞の読者に対するアンケートのため、

日本全体の比率が同じとは限らないのですが、

この継ぐ人と継がせる人の意識の違いはかなり大きいと思います。

継がせる立場の人が遺言を書かない理由は、

「もめるはずがない」が5割弱と一番多いとのことです。

そして、相続に対する不安の中身は主に、

「相続税の支払い」と「相続の配分を巡っての争い」が、

4割以上を占めています。

世の中の不安の主な原因は「わからない」が圧倒的に多いです。

「相続税の支払金額がわからない」、「相続財産の配分内容がわからない」など、

これらはすべて、今からでも対策を練り、不安を解消することが可能です。

ぜひファイナンシャルプランナーなど、身近な専門家にご相談をして、

「わからない」不安を解消してください。

そのためならいつでも力になります