こんにちは、家計見直しアドバイザーのハイノです。
地方では、もう少しでお盆です。
家では、毎年、恒例の長野県へ帰省です。

それまで、ブログを更新しなければ・・・。と思っています。

子供の教育費について 書きましたが、今日は
教育ローンについて、書きたいと思います。

まず、最初に調べるべきは、受験する大学の
授業料や入学金とともに、の奨学金制度を調べること。
結構な数の大学で、何らかの形で奨学金制度があります。

お子さんの進路に沿って大学選びをするのですが、
同じような進路(例えば、私立文系、法学部)なら、
なるべく、自宅から通えて、授業料や施設費などが
低い方が、経済的には楽です。

その上で、やはり足りないようなら、日本学生
支援機構なら、在学中は無利子で借りることが
できます。(第1種、第2種ともに)

第1種なら、卒業後も無利子で返還できます。
お子さんには、高校からしっかり勉強していい
成績をとってもらいましょう。
 高2、高3で3.5以上の成績が必要です。

第2種(卒業後は、年3%の利率で返還)なら
承認もでやすいのです。

約260万円借りて(1種は54000円ほど、2種は月5万円ほど、
入学時20万円)15年かけて月18000円ほどの負担で
すみます。本人が返すのに、可能な額と言えるでしょう。

他にも国民生活公庫や、労働金庫、銀行も
あります。
続きをまた書きたいと思います。