前回「痛みを伴わない節約術」の手段ということで、生命保険の見直しをお話しました。

  ではなぜ生命保険の見直しが痛みを伴わないのか?

  保険というものは「いざというときの備え」という性質上、そのときが来ないとその効果がわからない。

  つまり、例えば 毎月2万円の保険料 → 毎月1万円の保険料 に保険料を減らす見直しをしたとします。保険料が減ることは、家計という観点から見れば節約効果は大きい。

  では見直した保険の中味はどうか?これが今まで過剰な保障内容であったものを、ご本人が納得、適正な内容に見直しすれば問題なし。

  いざというときも、入っていて良かったということになります。

  つまり、

 「痛みが伴わない節約」に成功したということになります。

  とかく付き合いや保険屋さんのしつこいセールスにより、自発的に生命保険に加入していない場合は、保障内容よりも負担する保険料がどれくらいか?によって加入しているケースも多く、それが身の丈に合っていない保障内容の原因または複数の保険に入ることで保障がダブっている

  心当たりのある方はいませんか?

  またはセールストークにより、貯蓄型の保険に入ることで過大な保険料負担を強いられているケースも散見されます。これも納得の上であればしょうがないとは思いますが、資産形成の視点で見るとどうかな?と思います。

  そんなことで保険の見直しが痛みを伴わない理由をお伝えしましたが、次回ももうちょっとお話してみようと思います。
 
  最後までお読みいただきましてありがとうございました。