家計簿の続かない原因の一つ自分に合っていない家計簿を使っている!というのがありますね。

  ちょっと大きめの本屋さんに行くと色々な種類がわんさかおいてあります。手帳タイプのものやノートサイズのもの、キャラもの、レシート貼るだけのもの ・・・etc・・・驚くほどの種類。10月にもなれば来年の手帳が売り出されますね。家計簿もそろそろちらほら。

  そこで、家計簿を選ぶ基準を考えてみましょう。まず大前提なのが家計簿初心者さんは高価なものは避けること。それから、分厚いものも。本棚とか机にしまい込んでしまうものはダメ。すぐにかけるものを選びましょう。

  費目がきっちり決まっていて新しい費目が書きこめないものもダメ。費目って自分流が一番。我が家の費目を家計簿に合わせようとするとややこしいし、面倒くさい。だから、だめ。

  帳簿形式のようなものもダメ。上から順に書いていくオーソドックスなやつね。このタイプのものって100均にも売ってて、買いやすいんだケド、家計簿初心者さんは選んじゃダメ。

  まだ駄目基準あるけど長くなるから今日はいったんこの辺で