おはようございます。今日も涼しいですね・・・・・過ぎ去れば名残惜しい夏・・・・東京都江戸川区のおおきFP家計簿FPの大木です

  貯金しよっ!って思うとまず、何をしますか?

  多くの人は食費、パパ費用(←どうしても削られやすいね)娯楽費といったやりくり費を削離始めますね。でもそれってやりすぎると疲れちゃう。

  貯金=節約=我慢・ストレス=疲れる

  こんな図式は続かない。だから、合理的に考えてみましょう。例えば我が江戸川区は現在中学生までの子供は病院の窓口負担なし。江戸川区の医療券を持っていけばお金いらない。たまに、薬の容器代数十円かかるけど。区が医療費の助成をしてくれてるってことは、中学生の子どもに関して医療保険に入る必要性は限りなく低い。

  月1,000円のこども保険
  助成対象の期間加入すると約18万。

  必要性の小さいものに18万。勿論加入の有無は個人の自由。どうとらえるかも個人個人。ただ、むやみに節約するより家計の中味をこのように精査していくと無理なく無駄が省けるかもしれませんよ。