2014年から3年間限定で、「少額投資非課税制度」(日本版ISA)が導入される予定です。

 日本版ISAというのは、英国の個人貯蓄口座(Individual Savings Account)が制度のベースになっているから。

 投資信託や上場株式等による所得に対する課税は、現在の10%から2014年には20%になる予定です。

 これに合わせて導入しようというのですが、たった3年間でいかにも中途半端。

 業界では3年間限定だと「システム投資がペイしない」という声もあるほど。

 仕組みの概要は、最大300万円(1年あたり100万円×3年)までの投資から得られる値上がり益や配当・分配金が最長10年年間非課税になるというもの。

 私などは、ずっと昔から株式を保有し、毎年配当金を受け取っていますが、これは対象になりません。
 いったん売却して、3年内に再度購入しないとダメ。しかも1年で100万円が上限なので、1単元で100万円を超える銘柄などは使い勝手が悪い。

◆非課税対象
 上場株式、株式投信等の配当所得、譲渡所得

 ※金融庁は、公社債も追加して欲しいと来年度の税制改正に要望するようです。

◆非課税投資額

 新規の投資額で1年で100万円が上限
 未使用枠を翌年に繰り越すことはできません。

 つまり、2014年に50万円使ったから、翌年は150万円の枠になるわけではありません。

◆非課税投資総額

 1年で100万円×3年(2014~2016年)=300万円(最大)

◆保有期間

 最長10年で、その間に換金は自由です。
 ただし、売却したからといってその枠を再利用することはできません。

◆口座開設数

 特別な口座を開設することになります。
 年間1人1口座。・・・1口座で最大投資額100万円までということです。

 証券税制がますます複雑になる~~。

 ただ、複雑ゆえに、ちゃんと知識を身につければ、細かく賢い立ち回りができるようになります。