日経新聞のニュースで、日銀が国債などを買い入れる基金を11兆円程度増額することを決めました。

  その基金が何を買うかと言いますと、長期、短期の国債を5兆円ずつ、その他に上場投資信託などを買うとのことです。

  さらに気になるのが、「金融機関の貸し出しを促すための資金供給の枠組みを創設。資金供給の総額は無制限に。」とのこと。

  どうやら本格的にデフレ対策をおこなうようです。資金が市場に流れるということは、上手く利用すれば、消費が増えるということになります。これをきっかけに、景気を良くなることを願っています。

  今後が気になるところですね。