そろそろ、会社員の方は、年末調整の季節です。扶養控除申告書を手渡され、「今月いっぱいに出して」(何日までに出して)と言われる季節です。

  まず、配偶者控除。今後は、廃止とか言われていますが、24年度は配偶者控除はあります。「38万円の所得以下の配偶者を書くように・・」をとあると思いますが、配偶者がパートだと103万円以下の収入なら、配偶者控除適用です。

  103万円のパートの給与収入から、給与所得控除(会社員の必要経費のようなもの)が引かれたものが38万円の所得・・なのです。

  この時期、パートの方だと、103万円以内に収入をおさめるべく、わざわざ仕事を抑える方もいらっしゃいますが。そんなに神経質にならなくても、大丈夫です。収入が103万円超えても、配偶者特別控除・・と名前を変えて、控除があるのです。

  配偶者特別控除は収入が、増えるにしたがって、少しづつ控除額は、38万円から減っていきます。健康保険や厚生年金の扶養に入る130万円の壁の方が103万円より大きな壁だと言えます。

  ただし、会社によって配偶者手当がある場合は、いくら以上稼いだら手当が出なくなるのか、あるいは、いくら稼いでも手当は出るのか、確認は必要です。