おはようございます。自動車がついに50万円で買える時代に突入するようです。

ネタ元
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121116/239508/?rt=nocnt

  ただし、新興国ですけどね。さて、ファイナンシャルプランナーとしてみなさんに伝えたいことがあります。それは、「自動車を必ず買わなくても不便ではない時代になっている。」ということです。

  なぜかといいますと、今はインターネットがこれだけ普及したことにより、インターネットで買って、スーパーなどに配送してもらうことができます。注文をしたその日のうちに届くということもできる時代です。

  そして、家庭内の支出も昔と比べ大きく内容が変わりました。それは携帯電話の出費です。昔は携帯電話がなかったため、給料を車の購入に充てる余裕がありましたが、今は携帯電話の支払いがあるため、昔ほど車を楽に買える時代ではなくなったと思います。

  車が好きな方ならまだしも、ただの交通手段と考えている人は、いっそのこと、車を買わない生活をするというスタイルに切り替えてみてはいかがでしょうか?車を買わないとこのような出費が無くなります。

① 車の購入代金       予算 200万円/回

② 毎月のガソリン代     予算   2万円/月

③ 駐車場代          予算   1万円/月

④ 自動車保険代       予算   5万円/年

⑤ 車検代            予算  60万円/7年

⑥ 自動車税          予算   3万円/年

  仮に30歳から80歳まで車に乗ると仮定し、7年に1回、自動車を買い替えるとして上の予算を元に計算をしますと、なんと、、、一生涯で4,000万円弱のお金を支払うことになります。1年間で80万円も貯金が増えることになります。実際には公共の交通機関を使ったりするので、ここまでの節約にはならないと思いますが、正直この差はかなり大きいと思います。

  気になる方は近くのFPや信頼できるFPに相談してみてください。あなたの毎月の貯金金額が劇的に増えるかもしれませんよ