高齢者ほど家庭内での事故の危険性が高くなります。

 ちょっとした段差で躓いたり、浴室内で血圧上昇で倒れたりと、思わぬことで事故にあいます。場合によっては、その後、入院をきっかけに寝たきりになることもあります。

 ですから、高齢者になったら安全・安心な老後をすごすために自宅をリフォームし事故を防止したいものです。

 ただ、リフォームをしたいと思っても経済的に余裕がないかもしれません。

 そんな方に検討していただきたいのが高齢者住宅財団の高齢者向け返済特例制度です。

 http://www.koujuuzai.or.jp/pdf/page02_03_03.pdf

 http://www.koujuuzai.or.jp/pdf/page02_03_04.pdf
 

 60歳以上の方が利用でき、毎月の支払は利息のみで、死亡時に元金一括返還するしくみです。リフォームを行う場合、2013年12月31日までであればバリアフリー改修促進税制も検討すると良いでしょう。要件に該当すれば税の優遇が得られます。

 http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/063.htm