成功する人・しない人の違い 《十五訓》

  成功する人・しない人の違いを分けて列挙していたいと思います。自身のライフプランを実現する上で大事なことばかりです。

≪成功する人≫≪成功しない人≫
 1.行動が早い(すぐ実行)行動が遅い(なかなか実行しない)
 2.計画性がある(緻密に計画を練る)計画性がない(いきあたり、ばったり)
 3.小さな約束も必ず守る約束を気にしない(期限を守らない)
 4.日々の実績を確実にあげてゆく実績があがらない(周りの環境のせいにする)
 5.言うことよりも行動から始まる口先だけで行動が伴わない
 6.人脈の対象は、無理を言える友人人脈の対象は、ただの知り合い(名刺の枚数)
 7.リーダーシップは心配りと解釈する知識が豊富で弁の立つことと解釈する
 8.プロセスよりも成果に着目する成果よりも努力を重んじる
 9.複数の知恵を結集し、物事を決めるなんでも一人で決める
 10.出来るために行動する出来ない理由ばかりを探す
 11.他人に与えることが好きな人自分が貰うことばかり考えている人
 12.勉強好きな人勉強しない人
 13.時間を克服できる人時間に負ける人(創意工夫の無い人)
 14.仲間に厳しく出来る人仲間と慰め合う人
 15.変革を好む人(リスクをとる人)過去の成功事例に固執する人(リスクをとらない人)

この記事を書いた人

桐山 一人 桐山 一人()»筆者の記事一覧 (56)

株式会社ノマド・グローバル 代表取締役
健康で活き活きと過ごす人生、世界を視野に入れたグローバル・ライフ「ノマド・ライフ」を提唱し、若年層を中心に多くの人々の共感と支持を得る。「若い人こそ、お金の無い人こそ、海外に目を向けた資産形成を検討すべし」と若年層を中心の資産運用のコンサルティングを得意とする。
年間のうち100日以上を海外で過ごす自他ともに認める「Nomad」自由人である。ファイナンシャルプランナー・中小企業診断士・ロングステイアドバイザーの資格を持つ。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう