ご相談のお客様から、「ネット銀行って大丈夫でしょうか?」という質問をよく賜ります。「大丈夫です!」

  確かに、店舗のある銀行に馴染んだ方がまだまだ多く、通帳もなく、PCやスマホの画面からさまざまな手続きをしなければならないネット銀行は、少し心もとない気持ちになります。銀行の顔が見えないだけに、何かの拍子に、トラブルに巻き込まれないとも限らない、そんな恐怖心があるかもしれません。

  日経が金融機関のランキングを今年も公表しました。3大都市圏の個人を対象に、さまざまな観点から金融機関の評価を調査しています。調査は今年で9回目。

  顧客満足度第1位は、ソニー銀行です。6年連続の首位。ネット銀行です。ソニー銀行は、金融商品の品揃えが豊富。低金利の住宅ローンなども人気です。毎月の住宅ローンの適用金利を、当月だけでなく、翌月分まで公表するのは、ソニー銀行くらいではないでしょうか?

  第2位は、住信SBIネット銀行。同じくネット銀行です。この銀行も以前から顧客満足度が高いですね。以前、この銀行に足を運んだことがありますが、六本木のオシャレな素敵なビルの1フロアーだけで運営している(コールセンターは別)とうかがったことがあります。運営コストが低い分、商品力を高めて、顧客に訴求することができるのでしょう。

  同じネット銀行のソニー銀行を強く意識しているのが、よくわかりました。住宅ローンなどをみると、ソニー銀行とは違う商品性を持たせています。特定の疾病が理由で就業不能状態になったとき、毎月の返済を保障したり、住宅ローンの残高が0円になる「8疾病保障」を無料で付加しているところなどは、特徴的ですね。

  第3位は、京都中央信金。ネット銀行ではありません。窓口の迅速性に定評があるようです。

  新興の銀行の順位をみてみると・・・・・

 セブン銀行:5位(昨年の3位から下げています)

 イオン銀行:11位(昨年は9位でした)

 じぶん銀行:17位(昨年6位)

  メガバンクは、

 三井住友銀行:13位

 三菱東京UFJ銀行:15位

  みずほ銀行は、ベスト20に入っていませんね。個人がメガバンクを使うメリットが何なのか?・・・「給与振込銀行として会社から指定されているから使うだけ」ではないでしょうか?

  水道光熱費や通信料などの引き落とし銀行としても機能しているのかもしれませんが、最近はクレジットカード払いに対応していますから、ポイントゲットをする上でも、クレジットカードがよいと思います。資産運用や財産形成には、メガバンクでない、別のところがいいように思いますね。