生活上便利な写真付き身分証明書を500円で(運転免許証以外)得る方法

運転免許証以外の便利な写真付き身分証明証とは

  先日、教習所を通うことなく、試験場で適正と学科のみで取得できる運転免許証の1つである小型特殊自動車免許について、投稿いたしました。(記事へ)今回は、運転免許証以外の身分証明証についてご紹介いたします。

  こんなこと、ありませんか?

・住民票を取るのに、市役所へ行くのが面倒

・毎年の税金を税務署に書類を持って申告するのが面倒

・自動車の保有に関する手続きが大変

  これらを解決するのが、住民基本台帳カードです。

  住民基本台帳カード、聞いたこと無い?住民基本台帳カードとは、お住まいの市区町村で、簡単に交付が受けられるセキュリティに優れたICカードです。行政手続をインターネットで申請などができる電子政府・電子証明証の基盤ともなるものであり、利便性の向上、行政事務の効率化に役立つ身分証明証です。

住民基本台帳カードの主なメリット

  主なメリットとして下記4つがあります。

  ・電子証明書による本人確認を必要とする行政手続きのインターネット申請ができる(e-taxによる申請など)

  ・本人確認の必要な窓口で、公的な身分証明書として利用することができる

  ・市区町村が行う独自のサービスが受けられる

  ・転入転出手続きの特例が受けられる

  住民基本台帳カードは、500円カードに登録する写真証明できるもの(運転免許証や健康保険証、年金手帳など)を、ご自身が住まわれている市区町村に提示、提出すれば発行されます。発行後、10年間は、身分証明証として使用できます。しかも、転出後も、手続きすれば、引き続き使えるため、大変便利です。

  近年では、一部の市区町村では、全国のセブンイレブンで、住民票を、得ることができます。

  詳しくは、住民基本台帳カード総合情報サイトへ URL http://juki-card.com/index.html

この記事を書いた人

美乙女 公希 美乙女 公希»筆者の記事一覧 (7) http://koki-miotome.jimdo.com/

日本財務立案士連合会 代表 財務立案士(金銭感覚改善専門)
現在、日本のFP資格は、技能士資格とCFP,AFPの2種類で構成されており、わかりづらいのが実情である。しかも、2資格とも名称独占のため、FP資格を持っていない方が、FPと名乗り、 違法的な活動をする恐れがある。FPの信用性低下は避けられず、 一生涯、中途半端で食べていけない資格として扱われ続ける。
法を制定させ、国家事業化資格化(独占業務資格化)にしなければならない改革をする必要がある。単に国家事業化資格化にさせるだけではなく、教育現場に「金融」独自の教科導入を目指している。NPO法人と違い、FP事務所・法人の雇用創出とFPの生活レベルの向上を真剣に考えている。詳細URL  http://fsk2010.client.jp/
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう