少子高齢化がますます進展して労働人口が減るなか、女性や高齢者の就労者数を増やすべく、仕組みを早期に整備すべきだ・・・・という声をよく耳にします。

  しかし、個々の家庭では、世帯主の収入減という昨今の苦しい現状を打破するために、仕組みができるよりも先に、みんなが必死で頑張っています。しっかりと行動しているのです。・・・なぜなら、食べていかないといけない。暮らしていかないといけない。生きてゆかないといけない。

  総務省が公表した2012年の家計調査によると、2人以上の世帯の平均実収入(月額)は51万8506円。前年比で実質1.6%増えたといいます。その大きな理由は、妻の収入が過去最高になったから。

  世帯主の収入は0.2%増にとどまっていますが、妻の収入は5万9177円。実に前年比11%アップです。この金額は、記録が残る1963年以降の最高だといいます。

  「共働き」で世帯収入を維持してゆく傾向が強まっています。

  もっともっと共働きが増えるような環境整備が、これからは本当に必要だと思います。~~夫の協力も必要なのでしょう。

  一生懸命働いている女性は、活き活きとしていてカッコいいですよ。本人の自信にもつながるでしょうし。