消費税は、2014年4月に8%に、2015年10月には10%に上がる予定です。そこで、消費税が上がる前に住宅を購入しようと考えている方がいらっしゃるかもしれません。しかし、一方で政府は消費税が上がった後に購入する人には住宅ローン控除の枠を大きくする予定です。したがって、2014年4月以降に買うか、それ以前に買うか迷うところです。

  どちらが得かを判断する際の注意点として次の2つがあげられます。

(1)消費税は建物にはかかりますが、土地にはかかりません。

(2)一般住宅の場合、住宅ローン控除は2014年4月から年間最大40万円、入居年から10年間で最大400万円の控除が可能となる予定です(それまでは、年間最大20万円、入居年から10年間で最大200万円の控除)。

  ちなみに、住宅ローン控除とは、住宅ローンの年末残高の1%を所得税額から10年間還付する制度です。還付の額が所得税を上回る場合は一部住民税から還付されます。

  まとめますと、土地の値段が高く、住宅ローンの額が大きい場合は2014年4月以降に購入したほうが良い傾向にあると言えます。

  たとえば、4,000万円(土地が2,000万円、建物が2,000万円)の物件を購入した場合を考えてみましょう。条件は、住宅ローン金利2%、返済期間30年とします。その他諸費用は考慮しません。

2014年の3月までに購入した場合:消費税100万円・住宅ローン控除額200万円

2014年の4月以降に購入した場合:、消費税160万円・住宅ローン控除額299万円

  このように住宅ローン控除額の99万円の差額は、消費税増額分の60万円よりも大きいので、お得になります。皆さんのプランでもぜひ一度、シミュレーションをすることをお勧めします。

  さて、皆様のなかには次のようにすれば、もっと得するのではと思われた方がいらっしゃるかもしれません。それは、「購入は2014年3月までに行い、入居を4月以降にすれば、消費税を5%で住宅ローン控除は最大400万円の控除枠を使えるのではないか」というものです。

  このご質問は、かなりいただきましたが、残念ながらできません。住宅ローン控除最大400万円の枠を使うための条件が、消費税を8%または10%で負担している場合となっているからです。