10/17の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 4コマ漫画(3回目)

利回りばかりを気にせず、「時間と運用可能金額」を確認しよう

  バブル経済崩壊に右往左往した年だった・・・

  サブプライムローン問題に右往左往した年だった・・・

  ギリシャ問題に右往左往した年だった・・・

  円高為替に右往左往した年だった・・・

  きりがありません。反省だけなら・・・サルでもできる・・・。資産や財産には価格があります。預貯金・債券・株式・不動産・・・さらに金などの現物(商品と呼ばれます)はいずれも資産運用であり、その資産運用の原則は、「運用結果=元本×時間×利回り」で表されます。

  つまり、同じ元本、同じ時間運用しようとしたら、利回りが高い方が運用結果はいいのです。逆に、金利が高いということは、投資先である借入者は信用が低いということになります。

  金融機関を経由して、企業にお金を貸し出す仕組みが「預貯金や保険」、直接個々人が企業にお金を貸し出す仕組みが「債券や株式」 更に、その直接貸し出す仕組みを大勢で行う仕組みに「投資信託(MRF・債券・株式・不動産)」などがあります。

  現金・預金・債券を表す単位は「円」ですが、株式は「株数」と円、不動産は「坪」と円、金は「グラム」と円で表します。つまり、株や不動産や金は、実際現金化するときの価格が重要で、今売らない限り、株数・坪数・グラム数で保有するのですから、数は減少していないのです。言い換えれば、今使うお金でない限り問題はなく、むしろ購入価格が下がっていることに注目するべきでしょう。

  資産を運用するときに、方程式にあるように、(運用結果=元本×時間×利回り・・・)利回りばかりを気にして、「時間と運用可能金額」を確認するという、正しい金融知識の欠落が、今の日本の課題ではないでしょうか?

この記事を書いた人

伊藤 剛知 伊藤 剛知()»筆者の記事一覧 (36) http://www.moneybalance-clinic.com/

株式会社人財コンサルティング 代表取締役
平成10年より、独立系FPとして開業。約10年間で800組を超える 法人・個人のマネー相談会員組織「マネーバランス倶楽部」を創り上げた。全国展開中のマネーバランススクールや、マネーバランス分析ソフトの創始者でもある。
また、「FP事務所専門の経営コンサルタント」でもあり、FPとして独立・開業する人を応援します。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう